TOP > 試合結果

【K-1】グレゴリアンが全試合KOで優勝

2015/07/04(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP IN JAPAN~-70kg初代王座決定トーナメント」
2015年7月4日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館

▲優勝候補グレゴリアン(左)が全試合KOでトーナメントを制した

▼第13試合 メインイベント -70kg初代王座決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1R
○マラット・グレゴリアン(アルメニア)
KO 1R 1分24秒 ※左アッパー
●ジョーダン・ピケオー(オランダ領キュラソー島/WMTAベネルクス70kg級王者)
※グレゴリアンがトーナメント優勝。

 -70kg初代王座決定トーナメントの決勝戦は、ともに全試合KOで勝ち上がってきたグレゴリアンとピケオーで争われた。

 1R、グレゴリアンの右ハイキックでピケオーの腰が落ち、グレゴリアンはすぐにパンチで攻めるがピケオーは体勢を立て直す。

 グレゴリアンが右アッパーを突き上げての左フック。大きく体勢を崩したピケオーにグレゴリアンは連打を浴びせ、最後は右フックからの左アッパーでピケオーをKO。

 前評判通りの強さを見せ付け、グレゴリアンが全試合KO勝ちでトーナメントを制した。

 


 

▲ピケオー(左)の飛びヒザ蹴りがヒット

▼第9試合 -70kg初代王座決定トーナメント準決勝第2試合 3分3R延長1R
○ジョーダン・ピケオー(オランダ領キュラソー島/WMTAベネルクス70kg級王者)
KO 2R 1分03秒
●サニー・ダルベック(スウェーデン/YOKKAO世界-70kg王者)
※ピケオーが決勝へ進出。

 1R、ダルベックが左右フックと左ボディブローで打ち合いを挑み、ピケオーもこれに応える。ピケオーの左フックでダルベックがグラつき、続く右ストレート、そして左ボディでダウン。立ち上がったダルベックは打ち合いを挑む。

 2R、右ローで攻めるピケオーが飛びヒザ蹴りをヒットさせ、追撃の左フックでダウンを奪う。

 立ち上がったダルベックに左フックからの右アッパーを打ち込み、グラついたところへピケオーが襲い掛かる。バランスを崩してダルベックが倒れたところでレフェリーがピケオーのKO勝ちを宣言した。

  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果