TOP > 試合結果

【WSR】16歳の天才ムエタイ少女・伊藤紗弥が世界王者に

2015/09/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

得意とする右の蹴りで前に出て攻める伊藤(右)。若き世界女王が誕生した

ウィラサクレック・フェアテックス
「SUK WEERASAKRECK X」 
2015年9月27日 (日)東京・ディファ有明

▼第10試合 メインイベント WPMF世界女子ピン級タイトルマッチ 2分5R
○伊藤紗弥(尚武会/WPMF日本女子ピン級王者/挑戦者)
判定3‐0 ※50-47、50-47、50-48
●Little Tiger(WSRフェアテックス三ノ輪/TEAM TIGER/WPMF世界女子ピン級王者)
※Little Tigerが防衛に失敗、伊藤が新王座に就く

伊藤はヒジ打ちも繰り出す

 Little Tigerとの対戦を熱望していた“天才ムエタイ少女”伊藤がLittle Tigerの持つWPMF世界女子ピン級王座に挑戦。“立ち技女子最軽量級至高のカード”と謳われる一戦が実現した。

 1R、サウスポーのLittle Tigerは奥足ロー。伊藤は右ミドルで前に出て、右ストレートと右ヒジを狙う。2RもLittle Tigerは左ミドルと奥足ローで攻めるが、徐々に伊藤が右ミドルでプレッシャーをかけていく。

 3Rに入ると伊藤はワンツーと右ミドルで手数を増やして前に出る。

 4R、Little Tigerはパンチと左ミドルで応戦するが、伊藤は右ミドル、右ストレート、右ハイで譲らない。

16歳にして世界タイトルを獲得した伊藤

 5Rも伊藤が右ストレート・右ヒジ、右ミドルで攻め続けて、判定3‐0で伊藤が勝利。Little Tigerを下しての世界王座獲得を達成した伊藤は「12年間ムエタイをやってきたんですけど、一番の目標にしていた世界タイトルで、しかもLittle Tiger選手という強い選手からベルトを獲れてうれしく思います。精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします」と喜びを語った。

 


ハチマキ(右)に強烈な左ミドルを放つゴンナパー(右)

▼第11試合 WPMF日本ルール 64kg契約 3分5R
○ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス/WPMF世界スーパーライト級王者)
判定3‐0 ※50-47、50-48、50-48
●ハチマキ(PHOENIX/REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者)

 初来日以降、日本人選手を次々と撃破し“新・日本人キラー”の異名を持つゴンナパー。REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者ハチマキがゴンナパーの牙城に挑んだ。

 1R、ハチマキがインローと右ミドル。サウスポーのゴンナパーは右フックを狙いつつ、重い左ミドルを蹴る。2R、ゴンナパーは左ストレート、左ミドル・ハイで前進し、ハチマキも右ミドルと右ストレートを返す。

 3Rに入ると圧力をかけるゴンナパーが左ミドル、左ストレート、左ヒザで猛攻。ハチマキも右ストレートとボディブローを返すが、ゴンナパーは顔面前蹴りを突き刺し、首相撲では豪快にハチマキをマットに叩きつける。

 4Rに入るとゴンナパーは距離を取りながら左ミドル・左ストレートを狙う戦い方に切り替え、ハチマキが下がるゴンナパーに左フックや右ストレートを当てる。

 5R、必死に右ストレートで前に出るハチマキだが、ゴンナパーは左ミドルや顔面前蹴りで距離を詰めさせず。後半やや動きの落ちるゴンナパーだったが、ハチマキを判定で下した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果