TOP > 試合結果

【ボクシング】ミス府中ボクサー初回KO勝ちデビュー

2015/11/12(木)UP

長いリーチから得意の左ストレートを放つ後藤

reason
「DANGAN 145」
2015年11月9日(月)東京・後楽園ホール

▼第2試合 56.5kg契約 2分4R
○後藤あゆみ(ワタナベジム)
TKO 1R 1分26秒
●スリーポン・ジェーンバイジム(タイ)

モデル業もしていた後藤。27歳でのデビューでどこまで行けるか

 11月9日(月)東京・後楽園ホールで、2011年ミス府中(東京都)の後藤あゆみ(ワタナベジム)がボクシングでプロデビュー。56.5kg契約2分4Rでスリーポン・ジェーンバイジム(タイ)と試合を行った。

 後藤はゴングと同時に174cmの長身を生かしてタイ人ボクサーにプレッシャーをかけ、一方的な展開に持ち込んだ。完全にガードを固めた相手に強烈な左ストレートを浴びせ、スリーポンは戦意喪失。1R1分26秒、KO勝利となった。

「目標は自分も周りも納得する試合です」と、後藤は今後の目標を語った。

■後藤あゆみ プロフィール
 勤務している株式会社プロタイムズ総合研究所の社長の勧めによりボクシングを始め、174cmの長身に加えモデル体型の長いリーチ、さらにバスケットで培った運動神経を武器に、ボクシングを始めてから3年でアマチュアの全日本選手権で3位となる。しかし、オリンピック選手に選ばれるには試合数があまりにも少ないことから、2015年7月にプロテストに合格、ボクシングジムの名門「ワタナベジム」からプロボクサーへ転向した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果