TOP > 試合結果 一覧

【バウト】北海道初の賞金100万円争奪トーナメントは釧路の出口が制す

フォロー 友だち追加
2015/12/06(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

出口(右)が延長戦の末に田中(左)を破り、トーナメント優勝

BOUT実行委員会
「ノースエリア格闘技イベントBOUT 21」
2015年12月6日(日)北海道・札幌コンカリーニョ

▼メインイベント Northen Supernova 2015決勝 3分3R最大延長2R
○出口智也(忠和會)
延長R 判定3-0 ※三者とも10-9
●畑中健太(蹴空ジム)
※出口が優勝。

 キックボクシングでは北海道初の賞金トーナメント『カリアプレゼンツ Northen Supernova2015~賞金総額100万円争奪ワンデートーナメント~』が開催された。

 出場者は北海道在住、あるいは北海道出身の選手だけに限定。しかし、大会直前になって1回戦で中澤弘志と対戦予定だった工藤卓也(Brightness門馬道場)が、腰骨骨折により欠場することに。そこで工藤の代役としてリザーブマッチに出場予定だったがんばれ!ふるかわくんに白羽の矢が立った。

 主催者は協議の末、より公平を期すために1回戦の対戦カードをばらし、組み合わせを改めて当日抽選で決めた。

 決勝戦は出口vs畑中というハードパンチャー同士の一戦になった。出口の固いガードを畑中はテンポのいいワンツーで崩そうとする。時折放つ左ボディフックも有効に映った。

 2Rになると、出口が動き出す。パンチの連打とローによって、試合の流れを引き戻そうとする。トータルしてみれば、やや出口が優勢なラウンドだったか。

 3R、畑中が突っ込むと出口がカウンターで応じる攻防に。この日は初戦から強いプレッシャーをかけ続けていた畑中だったが、さすがに攻め疲れたのか初めてそれが弱まる場面もあった。

 判定は1-0(1は畑中)で延長戦へ。先制したのは畑中。左フックで出口をグラつかせ下がらせる。出口も負けてはいない。右ストレートを打ち返して、さらにローの連打を浴びせ、畑中の足を止める。

 その後、激しくやり合ったまま終了のゴングが鳴った。結局ローによるダメージがポイントになったか、ジャッジは三者とも10-9で出口を支持。試合後、出口は笑顔とともにトーナメントを振り返り、「決勝の延長戦が一番きつかった。最初はがっちりパンチをもらってヤバいと思ったけれど、なんとか勝てた感じがします。頑張って蹴り続けた自分のローが効いていたんですかね」と語った。

 出口は釧路出身で釧路在住の28歳(12月23日で29歳)。トーナメント優勝の自信を胸に、来年は再び東京の大会に乗り込むか。

フォロー 友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧