TOP > 試合結果 一覧

【中日拳王決戦】中国で城戸が復活のKO勝ち、健太も勝利

2016/01/23(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

中国で勝利した城戸(左)と健太(右)

 1月23日(土・現地時間)中国・長沙にて、中国のキックボクシングイベント『拳戦江湖・中日拳王決戦』が開催され、日本から元Krush-70kg級王者・城戸康裕(谷山)、元WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(E.S.G)が出場した。

 城戸は昨年8月のBLADEで行われたISKA世界スーパーウェルター級タイトルマッチでアーメン・ペトロシアン(イタリア)に敗れて以来、5カ月ぶりの試合。中国vs日本の対抗戦のメインに登場した城戸は、中国のビッグイベント「KUNLUN FIGHT」で3連勝中の散打王者・趙師(中国)と対戦し、左ハイキックで見事なKO勝ち。

「相手が失神してしまって、会場が冷えきってしまったのでけっこう焦りました」と苦笑いの城戸。「次の目標は決まった試合に勝つこと。いつまでも最前線にいます」とコメントした。

 また健太は、30戦25勝(13KO)5敗の戦績を持つ刘威(=リョーウェイ/中国)を判定で破り4連勝に。「いつもやり慣れている後楽園ホールと違い、会場はもちろん減量、調整も全く勝手も違います。対戦相手の情報もない中、100%アウェイの中で結果を残せた経験は大きい。今回は中国で格闘家としてリスペクトされた待遇を受けて、改めて格闘家として生きたいと思いました」と感想を語った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧