TOP > 試合結果 一覧

【K-1】山崎秀晃が野杁正明を破り優勝、打倒ゲーオを宣言

2016/03/04(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

山崎(右)のスピード&パワーがある右ストレートが野杁(左)にクリーンヒット

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~」
2016年3月4日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館

▼第11試合 K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1R
○山崎秀晃(K-1ジム・チームドラゴン/第4代Krush -65kg王者)
判定2-0 ※29-29、30-28、29-28
●野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場/第2代Krush -67kg王者)
※山崎がトーナメント優勝

 日本代表決定トーナメントの決勝戦は、山崎と野杁によって争われた。

 1R、山崎が左ミドルで先制し、飛び二段前蹴りも繰り出す。ガードを固めて前へ出る野杁に対し、左右へ回り込む山崎。回り込みながら蹴りを出す山崎が上手く戦った印象。

 2R、ガードを固めて前へ出る野杁はローとミドル。特に右ローを多用する。山崎はコーナーに詰められると左フックを引っ掛けるようにして打ち、回り込む。野杁が左ミドルからの右ヒザをヒットさせるが、山崎の右ストレートに仰け反ってしまう。さらに連打を見舞う山崎。

 3R、山崎は前へ出ようとする野杁を前蹴りで突き放して左フック。野杁が近付くと前蹴り、またはガードの上からプッシュして押し戻し、野杁をなかなか入らせない。

 しかし、野杁は右ローを執拗に蹴り続け、ヒザでも山崎の左太ももを蹴る。これを繰り返す野杁に対し、山崎は押し戻すだけになる。そこへ野杁の右フックがヒット。

 山崎は左目上から出血し、ドクターチェック。再開後、残り10秒で山崎がパンチの連打を見せ、野杁は右ハイを蹴ったが当たりは浅かった。

 判定はジャッジ1名がドローだったが、2名が山崎を支持。山崎が日本トーナメントを制し、6月24日に開催される世界トーナメントへの出場権を手にした。

師匠でもある前田憲作K-1プロデューサーから優勝トロフィーを受け取った山崎

 山崎は「(一昨年11月に)ゲーオに負けてこうしてまた戻ることが出来、みんなの支えがなければこの結果はありませんでした。これで終わりだと思わず、K-1世界トーナメントに向けて頑張ります。ゲーオにリベンジするところを見に来てください。必ずKOします」と、その目はすでに打倒ゲーオ、そして世界トーナメント制覇へ向けていた。

●編集部おすすめ記事
一昨年前の山崎vsゲーオ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧