TOP > 試合結果

【ホーストカップ】元ルンピニー2冠王が国崇を流血葬

2016/03/20(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ウィサンレック(右)の左縦ヒジが国崇(左)を流血に追い込んだ

アーネストホーストジムJAPAN
「HOOST CUP KINGS ROAD ~京都! 王者への道~」
2016年3月20日(日)京都KBSホール

▼ダブルメインイベント第11試合 EXルール 55.3kg契約 3分5R
○ウィサンレック・MEIBUKAI(タイ/MEIBUKAI/元ルンピニースタジアム認定フライ級&バンタム級王者)
TKO 3R 1分34秒 ※ヒジによるカット→ドクターストップ
●国崇(拳之会/ISKAムエタイ世界フェザー級王者)

 WBCムエタイ世界タイトル、ムエタイの二大殿堂ラジャダムナン&ルンピニースタジアムのタイトルに挑戦経験のある国崇が、日本で実力をアピールしたい元ルンピニー2階級王者のウィサンレックと対戦した。

 ウィサンレックはあのK-1 WORLD GP -65kg王者ゲーオ・ウィラサクレックにも過去に勝利したことがあり、戦績は300戦を超える33歳の歴戦の勇者。 

 1R開始早々、ジャブから左右のローを小気味よく繰り出し、アグレッシブさが目立つ国崇に対し、ウィサンレックは終盤に蹴り足をキャッチし、強烈なミドルからヒジまで叩き込む。

 2R、国崇がパンチ、ローを積極的に繰り出し、ウィサンレックの構えの隙間を縫ってパンチを当てる。しかし中盤、ウィサンレックの狙いすました下からの左縦ヒジがクリーンヒット。国崇はドクターチェック。2月のNJKFでの試合で負った傷が大きく開いたようで出血がひどい。

 再開後、国崇が猛ラッシュするがまたも狙いすました左縦ヒジがクリーンヒット、ダウンを奪われる。立ち上がり、巻き返しを狙う国崇。

 3R開始後、ジャブから左右のローでラッシュし、ヒジまで振るって反撃に出る国崇だが、ジャブに合わせてウィサンレックが右の横ヒジを合わせまたもやドクターチェック。再開するが、直ぐに出血が見られドクターチェック。続行不可能となりドクターストップでウィサンレックの勝利となった。

【試合動画】
圧倒的パワーと勢いでウィサンレックが野呂をKO
 


谷山(右)が再戦を制してホーストカップ初の王者となった

▼ダブルメインイベント第10試合 ホーストカップ女子バンタム級初代王座決定戦 3分3R延長1R
○谷山佳菜子(正道会館/J-GIRLSバンタム級4位)
判定3-0 ※30-27、30-28、30-28
●大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級王者)
※谷山が初代バンタム級王座に就く。

 両者は2年前に対戦し、谷山が判定勝利を収めている。大石は久しぶりの復帰戦。両者ともにホーストカップ初のタイトルマッチに気合いが入っていた。

 1R、谷山が左ミドル、右ローと仕掛ける。大石も体を左右に振ってジャブで踏み込みプレッシャーをじわじわかける。大石のローがすかされ、終盤から谷山がペースを取り始め、回転の速いパンチをクリーンヒットさせる。

 2R、リズムをつかんだ谷山が足を使って距離をとり、出入りしてのパンチと蹴りのコンビネーションを当てる。大石も反撃するが谷山が速さで上回り、谷山ペースに。大石も顔面前蹴り、ローを当てて追い上げる。

 3R、谷山が離れてから左ストレート、前蹴りでステップインし、コンビネーションをまとめるが大石も反撃し両者激しい打ち合いが続く。スピードで勝る谷山が打ち勝っている印象を与えるが、大石も必死の表情で反撃を狙いあきらめない。

 最後に技をまとめて印象づけた谷山が判定勝利し、ホーストカップ初のタイトルは谷山のものに。エグゼグテイブプロデューサーのアーネスト・ホーストよりチャンピオンベルトが腰に巻かれた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果