TOP > 試合結果

【K-SPIRIT】藤原あらし、若山を圧倒し沖縄で完全復活

2016/03/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

FIGHT COLLECTION実行委員会
「FIGHT COLLECTION in 沖縄 K-SPIRIT13」
2016年3月27日(日)沖縄コンベンションセンター展示棟

若山(左)に左ハイを見舞う藤原(右)。日本人相手に連敗中だったが、沖縄で復活のKO勝利を収めた

▽第二部
▼第8試合 メインイベント スーパーフライ級 3分5R
○藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット/元全日本バンタム級王者、WBCムエタイ日本バンタム級王者、元WPMF世界スーパーバンタム級王者)
TKO 4R1分59秒 ※セコンドによるタオル投入
●若山龍嗣(DRAGON GYM/J-NETWORKスーパーフライ級王者、DBSフライ&スーパーフライ級王者、PK-1スーパーフライ級王者)

 今大会ではキックボクシング、総合格闘技、プロレスの3つのリングを設置し試合が行われる日本初の格闘技イベント。キック部門のメインでは、藤原と若山が対戦。藤原は長年にわたり日本軽量級のトップに君臨し、ムエタイの最高峰ルンピニースタジアムの王座にも挑戦した実績を持つ。現在、キャリア初の日本人相手に連敗を喫しており、沖縄の地で復活を狙う。対する若山はアグレッシブなファイトスタイルを特徴とする4冠王。格上の藤原超えなるか。

 1R、藤原がガードを固め、左ミドルをヒットさせる。若山もパンチを返すが距離が合わない。

 2R、左ミドルと首相撲で前に攻め続ける藤原。若山も時おりパンチのラッシュを仕掛けるが、ブロックされ首相撲に捕まる。

 3R、藤原の左ミドルで右腕が効いたか、若山の手数が減り首相撲で防戦一方に。しつこく首相撲で攻める藤原がダウンを奪う。

 4R、3R同様に藤原が左ミドルと首相撲で攻め続ける。首相撲を嫌がる若山がダウンすると、セコンドがタオルを投入し、藤原のTKO勝ちとなった。

【試合動画】片島聡志が藤原あらしを流血させ殊勲の勝利
【試合動画】小笠原瑛作が藤原あらしを1RでKO 
【試合動画】藤原あらしが最強ルンピニー王者に挑戦
【試合動画】藤原あらしがルンピニー王座に初挑戦
【試合動画】藤原あらしがランキング査定試合に勝利


 

▼第7試合 セミファイナル 52kg契約 3分5R
△優吏(真樹ジムオキナワ/RKAフライ級王者、西日本フライ王者)
ドロー 判定0-0 
△薩摩3373(TARGET/MA日本フライ級王者)

▼第6試合 RKAフェザー級タイトルマッチ 3分5R
○玉城 蓮(Y’ZD豊見城ジム/挑戦者)
判定3-0
●ダイナマイト柿崎(DRAGON GYM/RKAフェザー級王者、DBSフェザー級王者)
※玉城が新王者に、柿崎は初防衛に失敗

▽第一部
▼第5試合 ライト級 3分5R
○KJヒロシ(Drop)
KO 4R2分58秒
●晃希(team S.R.K/RKAライト級王者、DBSライト級王者、UKFインターナショナルライト級王者)

▼第4試合 58kg契約 3分3R ※ヒジなし
○大脇 武(GET OVER)
KO 3R1分22秒
●稲津航大(RIOT GYM)

▼第3試合 55kg契約 3分3R ※ヒジなし
〇宮城 友一(Drop)
TKO 2R1分35秒
●ヒカル(Y’ZD豊見城ジム)  
※辰樹(Drop)が計量をパスした後、脱水症で病院に運ばれ試合不可能となったため、宮城に変更

▼第2試合 フライ級 3分3R ※ヒジなし
○仲山 大雅(RIOT GYM) 
KO 1R1分46秒
●田口尚文(team S.R.K)

▼第1試合 47kg契約 3分3R ※ヒジなし
○阿部晴翔(DRAGON GYM)
判定3-0
●玄卓(ウォーリーアージム)  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果