TOP > 試合結果 一覧

【BFC】Krush王者・武居由樹、金網で現役高校教師ファイターを圧倒

2016/10/10(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

GRACHAN実行委員会
「GRACHAN25×BFC vol.2」
2016年10月10日(月・祝)東京・ディファ有明

速い攻撃で伊藤(右)を圧倒するKrush現王者・武居(左)

▽BFC
▼第10試合 BFC KICK 55kg契約 3分3R(延長1R) 
○武居由樹(POWER OF DREAM/初代Krush-53kg王者)
判定3-0 ※30-27、30-26、30-28
●伊藤佑一郎(BLUE DOG GYM)

 6月の初代Krush -53kg王座決定トーナメント決勝戦で、ベテランの上羽優希を初回KOで下して、王座に就いた武居が憧れの金網の大会に参戦、KrushとK-1に参戦中の現役高校教師ファイターである伊藤と対戦した。

 1R、左ミドルからパンチにつなぎ、距離を詰めると強烈な右ボディと速い攻撃を見せる武居。

 2Rも右ボディ、左ハイと次々に攻撃を当てる武居に対し、圧倒される伊藤はバックブローなどの大技でKO狙い。3Rも武居が手数を落とすことなく攻め続け、大差を付けて判定勝ちした。

 


 

ソンヒョン(下)にトドメのパウンドを放つ近藤(上)

▼第13試合 「BFC vs ROAD FC 対抗戦 大将戦」 BFC MMA 73kg契約 5分2R 
○近藤定男(BLUE DOG GYM)
TKO 1R2分22秒 ※レフェリーストップ
●キム・ソンヒョン(韓国/ROAD FC推薦選手)

 2014年6月のBFCで後に修斗世界ウェルター級王者となる松本光史に右ハイキックでKO負けを喫した近藤が2年ぶりの復帰戦。お互いに慎重に打撃を繰り出す中、近藤の右ストレートがクリーンヒットし、ソンヒョンが倒れる。近藤が追撃のプンドを出したところでレフェリーがストップした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧