TOP > 試合結果 一覧

【WINDY】キックとムエタイで5人のジュニア王者が誕生

2016/10/30(日)UP

「第4回WINDY Super Fight」の出場選手たち

WINDY事務局
「第4回 WINDY Super Fight」
2016年10月30日(日)東京・大森ゴールドジム

 ジュニア格闘技の普及を目的として立ち上がった『WINDY Super Fight』(以下WINDY)。首相撲やつかみを一切禁止したWINDY KICKルールと、通年のムエタイルールを採用したWINDY MUAYTHAIルールの2王座を管理してきた。

 そのWINDYが競技層の底辺拡大と育成に注力する新体制で始動。大会については、王座の防衛戦は行わず、その都度トーナメントにより王者を決定。階級も5kg刻みではなく、激戦区とされている体重に照準を合わせて開催していくこととなった。

<ムエタイ部門>

得意のパンチで主導権を握った原田(左)

▼WINDY MUAYTHAI 48kg級王座決定トーナメント決勝戦 1分30秒5R
◯原田優音(ゴールデングローブジム)
判定3-0 ※50-47、49-48、50-48
●大村修輝(パワーオブドリーム)

 プレッシャーをかけながら前に出る原田。下がる大村にワンツーを打っていく。一気に距離を詰めて右ストレートを打つ原田。原田はじりじりとプレッシャーをかけ、大村をコーナーやロープに詰める展開が目立つ。得意のパンチで主導権を握り続けた原田が判定で勝利し王座に就いた。


 

前蹴りや右ローキックで、所仁翔(右)は有効打を増やした

▼WINDY MUAYTHAI 38kg級王座決定トーナメント決勝戦 1分30秒5R
◯所 仁翔(Refre’K)
判定3-0 ※三者ともに49-48
●熊谷翔天(REVIVAL GYM)

 左右フックを振り回しながら前に出る熊谷に対し、パンチ連打からの右ローで応戦する所。単発ながらも、右ミドルと打点の高い右の前蹴りでけん制しながら左右フックを振り回していく熊谷。2Rになると、所が引きながら前蹴りから右ローを打ち、コツコツと有効打を増やしていく。

 3Rは2Rと同様の展開となるが、4Rになるとガードを下げる熊谷に、所は右ローとミドルをちらして右ストレートを当てていく。熊谷は右前蹴りと右ロー。

 5Rは所の右前蹴りと右ローで熊谷はパンチが出せずに首相撲で応戦。下がる熊谷に追う所。パンチ連打する所に熊谷は首相撲。右ミドルから右ストレートを打ち反撃する熊谷。一進一退の攻防の末、判定で所が勝利し、王座に就いた。


 

延長までもつれ込む熱戦を林田(右)が制した

▼WINDY MUAYTHAI 28kg級王座決定トーナメント決勝戦 1分30秒5R
◯林田健蔵(萬田道場)
延長判定2-1 ※10-9、10-9、10-9
●所 風雅(Refre’K)
※本戦判定0-1(48-49、48-48、49-49)

 サウスポーに構える林田は、ゴングと同時に左ミドルを打つと、所はリングを回りながら右ロー。下がる林田に所は右ストレート。2Rはミドルの打ち合いから始まると、林田は左ストレートと左ハイ。所は首相撲からヒザ。互いに手数を増やしていく。

 3R、左ミドルを打ちながら前に出る林田に、林田の左ミドルに右ストレートを合わせる所。所はすかさず右ミドルと右ロー。4Rと5Rはワンツーから右ヒザ、右ローと、所がコンビネーションを活かして手数をさらに増やし、林田に反撃の隙を与えない。

 本戦で決着がつかず延長戦に突入。互いにパンチとミドルの打ち合いが1分30秒間、止まることなく続いた。僅差で林田が勝利し、王座に就いた。

●次ページ:キック部門の試合結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧