TOP > 試合結果 一覧

【ラウェイ】ミャンマー強し、4勝4KO2分で日米に圧勝

2017/04/18(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ローを効かせる浜本(右)

▼第4試合 56kg契約 ラウェイ公式ルール 3分5R判定なし
△ティン・タイ(ミャンマー)
ドロー ※時間切れ
△浜本”キャット”雄大(クロスポイント吉祥寺/キックボクシング)

 タイは山奥の村から出てきたという19歳。ミャンマーで行われたラウェイ・イン・ジャパン出場者決定戦に勝ち、初の日本行きを決めた。対するはレベルスで活躍するキックボクサーの浜本。

 1R、浜本はバックステップで距離を保ちながら右ローと右ストレートを主体とし、右インローを効かせていく。飛び込んでくるタイに右ヒジを命中させる。それでも怯まないタイはパンチを繰り出して前へ出る。

 2R、バックステップで一定の距離を保ち、打っては離れる浜本はタイのパンチをほとんどもらわない。さらに右インローでダメージを与え、ヒザ蹴りも突き刺す。突進するタイだがパンチは空を切る。

 3R、タイの右ストレートをもらう場面が出てきた浜本だが、それでもほとんどのパンチをかわす。そして右インローでダメージを与えていく。

 4R、浜本は左右ロー、相手のパンチをかわしてのパンチとタイを圧倒。突進してパンチを当てにいくタイを浜本はフットワークでかわす。

 5R、浜本はパンチとローで上下に揺さぶりをかけるが、タフなタイはそれでも向かってくる。試合終了間際、ハイキックをヒットさせた浜本だが、終始圧倒しながらも倒すことが出来ず、ルールにより引き分けとなった。


組み合っても頭突きとパンチを久保(右)の顔面に浴びせたマン(左)

▼第3試合 80kg契約 ラウェイ公式ルール 3分5R判定なし
〇ソー・ンガ・マン(ミャンマー)
TKO 1R 2分13秒 ※ドクターストップ
●久保輝彦(禅道会/空手)

 元ラウェイ無差別級王者のマンに挑む久保は、「バーリトゥード(何でもあり)空手」を標榜する空手道禅道会所属で、柔道の経験もあり打撃・寝技ともに得意とする。DEEPやZSTなどでMMAの試合経験多数のベテラン選手。素手顔面攻撃、頭突き、金的攻撃、パウンド、絞め・関節技、道着を掴んでの打撃、全て有りのプロ空手達人ルールでの試合経験もある。

 1R、組み付く久保にマンは頭突き、ヒジ、ヒザ、パンチと間断なく攻撃し続ける。久保は早くも右目上をカットして流血。

 ドクターチェックからの再開後、パンチとローを繰り出す久保だが、再び組み合いになるとマンは矢継ぎ早にパンチ、頭突きを繰り出して久保を圧倒。久保側からタイムがかかったが、ドクターが試合続行不可能と判断し、マンのTKO勝ちが決まった。


 

ラウェイ界一の暴れん坊ヘイン(右)が飛び蹴り奇襲

▼第2試合 60kg契約 ラウェイ公式ルール 3分4R判定なし
〇チャー・バー・ヘイン(ミャンマー)
TKO 2R 45秒 ※試合続行不可能
●コディー・モベリー(アメリカ/ムエタイ)

 ラウェイ界一の暴れん坊と紹介されたヘインと、アメリカのキックボクサー・モベリーが対戦。モベリーはラウェイと同じくグローブを着用せずバンテージのみを巻いた状態で戦うムエカッチューアの経験もあるという。

 1R、両腕を上手く使ってパンチをブロックするモベリーに、ヘインは飛び回し蹴りを繰り出す。その後もパンチでモベリーのガードをこじ開けようとするヘインだが、モベリーのガードは固い。

 2R、ヘインの左フェイントからの右ストレートでモベリーは吹っ飛ぶようにしてダウン。ここでモベリー側からタイムがかかる。しかし、このタイム中にモベリーの右目がみるみる腫れあがり、目が開かない状態となったため試合続行不可能でヘインのTKO勝ちとなった。

●次ページ:ラウェイ界で一番名前が長い男が登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧