TOP > 試合結果

【M-ONE】ゲーオが思わぬ苦戦もラストムエタイを勝利で飾る

2017/11/26(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ハイキックをクリーンヒットさせても前へ向かって来るタフなダーチェン(左)に手を焼いたダウサコン(右)

▼第7試合 WPMF世界スーパーバンタム級王者決定戦 3分5R
〇ダウサコン・モータッサナイ(タイ/WSRフェアテックス)
判定3-0 49-48、50-47、50-48
●ソン・ダーチェン(中国/香港富徳拳館/CFP)
※ダウサコンが新王座に就く。

 9月のM-ONEで浜本‘キャット’雄大を一蹴したダウサコンがWPMF世界タイトル戦を行う。対するソンは4月の第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメント』に出場し、1回戦で久保賢司と対戦している(判定負け)。

 1R、ダウサコンは様子を見るように左右ミドルとロー、ダーチェンも同じ技を繰り出し、時折左ストレートを伸ばして来る。ダウサコンにボディを打たれると、すぐに打ち返す強気なところも。

 2R、ダーチェンはミドルを蹴り合っても負けない上手さを見せ、左ストレートを連発して何度もダウサコンにヒットさせる。ダウサコンも強い右ミドルを蹴り返し、隙あらば左右のヒジを叩き付ける。

 3R、ダウサコンの強烈な右ミドルにもパンチを打ち返してくるダーチェン。何度もダウサコンの右ミドルが快音を発して決まる。

 4Rも前へ出てパンチを打っていくダーチェン。ダウサコンは右ミドルを的確にヒットさせながら、ヒジ打ちを狙う。

 5Rも前へ出てパンチを繰り出していくダーチェンに、ダウサコンは右ミドルと組んでのヒザ蹴り。とにかくパンチを出して前に来るタフなダーチェンにダウサコンも決め手がなく、判定でダウサコンが勝利した。


異常なまでにタフなハーユー(左)にコブスー(右)は多数ヒットを奪いながらも倒せなかった

▼第6試合 WPMF世界フェザー級王者決定戦 3分5R
〇コブスー・フェアテックス(タイ/フェアテックス)
判定3-0 ※50-46、50-47、50-48
●ハーユー(中国/香港富徳拳館/CFP)

 9月大会でWPMF日本&第11代MA日本スーパーフェザー級王者・中向永昌を1Rわずか1分21秒、ヒジ打ちでKOに葬った19歳のコブスーが世界タイトル戦に挑戦。対するハーユーは9勝5敗1分の戦績以外は謎のベールに包まれた中国人ファイター。

 1R、コブスーは先手を取って攻めていくが、ハーユーも好戦的な選手でパンチを打ち返してくる。コブスーは左ミドルとヒジを繰り出し、ハーユーは組んでもヒザ蹴りで互角に蹴り合う。

 2Rになるとコブスーはミドルとハイキックを連発。パンチで前に出るハーユーをヒザ蹴りで迎え撃ち、鋭いヒザを突き刺す。ハーユーはコブスーのスタミナを奪うためか組み付きを多用。

 3R、コブスーは左ハイを連打し、ヒジとヒザも連発。しかし、ハーユーは顔を大きく腫らしながらもタフに前へ向かってくる。パンチから組み付くハーユーを首相撲で投げ飛ばすコブスー。終了間際にもコブスーの強烈な左ヒジがヒット。

 4R、ハイキックや前蹴りをもらっても構わず前へ出てパンチを打ってくるハーユー。コブスーのヒジにも止まらない。組み付いては首相撲でコカされるが、しつこく組みに来るなど驚異の打たれ強さを発揮。コブスーは疲れで大きく口を開けている。

 5Rはハーユーがガムシャラに突進してパンチから組み付いてのヒザ蹴り。コブスーのハイキックや顔面前蹴りをまともにもらっても、ものともせずに前進してくる。

 ハーユーのタフネスに手を焼いたコブスーだが、大差をつけて判定勝ちした。

●編集部オススメ

・ラストムエタイのゲーオ、小宮に「11万%勝てる」

・ゲーオのムエタイ引退試合は小宮由紀博戦に決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果