TOP > 試合結果

【J-NETWORK】鷲尾が接戦を制しメイン締める、大崎は圧巻のKO勝利

2017/12/10(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

最終ラウンド、鷲尾(左)が怒涛の攻めを見せて勝利を掴んだ

J-NETWORK
「J-NEXUS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~NIGHT」(夜の部)
2017年12月10日(日)東京・新宿FACE

▼第11試合 61kg契約 3分3R ※ヒジあり
○鷲尾亮次(わしお・りょうじ(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーフェザー級王者)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
●冨田健祐(MA・真樹ジムAICHI/J-NETWORKライト級王者)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 鷲尾は左ハイキックを始めとする蹴り技を武器とする。昨年2月に前王者のfire仭士を左ハイキックでマットに沈め、悲願の王座奪取に成功。続く5月、当時のNJKFスーパーフェザー級王者・鈴木翔也との王者対決では、3RにヒジでカットしてTKO勝利。今年8月に初防衛戦に成功している。

 対する冨田は昨年2月のJ-KICKで、無敗で二冠王となった内堀裕斗をヒジで切り裂き唯一引き分けた実力者。今年3月にはJ-NETランカーの伊東伴恭と対戦し、豪快な右フックを炸裂させ1R1分47秒でKO勝ち。8月のライト級王座決定戦では、渡辺理想を2RTKO勝利で下し、王座戴冠となった。

 蹴りの鷲尾とヒジの冨田。J-NET年内最後の大会で勝利で収めるのはどちらか。
 
 1Rはミドルの蹴り合いで牽制し合う。鷲尾が冨田の蹴りを捌いてキレイなフォームの左ミドルを放ち、徐々に距離を支配するようになる。冨田は近距離からフックを当てようとするが強固なブロックを破れない。
 
 2R、近付きたい富田は飛び込んで左フックを放つが、鷲尾は冷静にバックステップでかわす。冨田をロープ際に追い詰めた鷲尾は、左ミドルを蹴った後すぐに左ストレートを打って攻めるが、冨田もこれをかわし、紙一重の攻防が続く。
 
 3Rに入るとこれまでとは別人のように前進し、パンチで攻める。その怒涛の攻撃に冨田は真っ直ぐ後ろに下がってしまい、ロープを背負う展開が続く。鷲尾は強烈な左ストレートに加えボディへのヒザ蹴りも叩き込み、追撃の手を緩めない。冨田が逆転のヒジ打ちを繰り出す。しかし、これもかわした鷲尾は逆に左ヒジをアゴに打ち込む。高度なテクニックを披露し、最終Rは別人のように攻め続けた鷲尾が勝利を飾った。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


圧巻の強さを見せた大崎(左)

▼第10試合 53kg契約 3分3R ※ヒジあり
○大﨑孔稀(おおさき・こうき/OISHI GYM/J-NETWORKスーパーフライ級9位)
KO 2R 2分44秒 ※右ストレート
●森 貴慎(トイカツ道場/J-NETWORKバンタム級1位)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 森は昨年8月のJ-NET初参戦を1RKO勝利で飾り、さらに2016年度新人王トーナメントを1回戦、決勝戦共に対戦相手を1RKOで下し優勝。今年6月にはNJKFランカーの鰤鰤左衛門からダウンを奪い判定勝利し、8月の自身初のタイトルマッチへ挑戦するも無敗のルーキー・小嶋勇貴に判定負けを喫し今回が再起戦となる。

 対する大﨑はWMC日本フライ級王者・大崎一貴の弟で、兄と同じくジュニア時代から数々のタイトルを持ち、2015年11月に行われたJ-GROWでは10人トーナメントを全試合KOで勝ち上がり文句なしの大会MVP賞を受賞。昨年5月に満を持してのプロデビュー戦を勝利で飾り、今年7月には第15回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会フェザー級優勝のJIROを1RKOで下し強さを魅せつけた。

 年内最後に勝利の女神が微笑むのは、7勝のうち6つがKO勝ちの“脅威のKO率”森か。“OISHI GYMの中で一番のテクニシャン”と太鼓判を押される大﨑か。
 
 1R、大崎がプレッシャーをかけてパンチを打ち込むが、森も巧みなディフェンスでクリーンヒットはもらわない。
 
 2R開始早々、森がパンチのコンビネーションで大崎を後退させる。しかし、ここから一気に距離を詰めた大崎は強烈な右フック、左ストレートのコンビネーションで逆に森を後退させコーナーに追い込む。森がサイドステップで抜け出そうとするが大崎は進路を塞ぎ、さらにパンチのコンビネーション。何とかコーナーから抜け出した森をさらに追いかけて右縦ヒジ、左フック、右ストレートを叩き込み、崩れ落ちるようにダウンした森。そこから立ち上がる事が出来ず、試合終了。圧倒的な攻撃力とリングを巧みに使うテクニックを見せた大崎がKO勝利を収めた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果