TOP > 試合結果 一覧

【CRAZY KING&CMA KAISER】横山剛、初ムエタイで秒殺ヒジ打ちTKO勝利

2018/06/16(土)UP

CMA総合格闘技/クレイジーウルフジム
「CRAZY KING 10 & CMA KAISER 5」
2018年6月16日(土)東京・新宿FACE

初のムエタイルール挑戦でTKO勝ちした横山(右)

▼第13試合 メインイベント KAISERミドル級タイトルマッチ 73kg契約 ムエタイルール 3分3R
○横山 剛(CRAZY WOLF GYM/KAISERミドル級王者)
TKO 2R37秒 ※左ヒジ打ちによるカット
●ムン・ジュンフィ(韓国/TEAM GEEK/挑戦者)
※横山が2度目の防衛に成功。

 空手道で数々の優勝歴を誇り、キックボクシングでは、2017年4月8日、ダニロ・ザノリニを胴回し回転蹴りにKO勝利のみならず、プロレスなど多方面で活躍する“空手ファンタジスタ”横山が、34歳にして初となる「ヒジ打ちあり」「首相撲無制限」のムエタイルールでメインイベントに登場。しかもこの試合は、横山が持つKAISERミドル級タイトルマッチとして認定された。対戦相手は、韓国のムン。

 1R、ムンは、横山が初ムエタイルールであることを知ってか、オーソドックススタイルから右ミドルキックを蹴りつつ、開始早々に組みにいく。タイで練習経験もある横山は、この首相撲を全く問題とせず対処。

 横山は、サウスポーからの左ローキックや前蹴りを主としながら、違和感なくヒジ打ちも繰り出す。ラウンド終盤には、首相撲でムンをいなし、マットに叩きつける優位も見せた。

 2R開始間もなくムンが接近したところ、横山が左ヒジ打ちを打ち抜く。これでムンは右眉毛の上をカットされてしまう。ドクターチェックが入ると試合続行が認められず、横山のレフェリーストップTKO勝利となった。華麗な飛び技で一世を風靡した空手ファンタジスタがヒジ打ちをも美しく使いこなし別面の実力を証明する形となった。

 試合後、横山はKNOCK OUT参戦を興味を示し、「1戦1戦、大切に記録より記憶に残る試合をして、応援してくれている皆様に感動を与えられればと思います。下の選手にも背中を見て育って欲しいと願います」とコメントしている。



▼第12試合 KAISERスーパーフェザー級王座決定戦 58kg契約 キックボクシングルール 3分3R 
○HENRRY(Brazilian Thai Samurai Team)
判定3-0
●角☆チョンボン(CRAZY WOLF GYM)
※HENRRYが新王者に。

 長身で色白の角は、ロングリーチから下がりながらでも的確なパンチと蹴りを返していくタイプ。対照的にHENRRYは、色黒で南米人らしくグイグイと左右のパンチを中心に前に出るファイター。

 全ラウンド通じて前に出て、コーナーに詰めると左右のボディーブローからラッシュにつなぎたいHENRRYと下がりながらでも左ローキックを奥足に当て、カウンターの一発を狙う角といった攻防が続く。ダウン奪取につながる深いダメージこそ互いに見られないものの、終始手数が減らずに削りあうマラソンマッチとなる。

 判定3-0でHENRRYがチャンピオンベルトを巻いた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧