TOP > 試合結果

【DEEP KICK】日韓対抗戦は日本の3勝、百花が大トリの重責を果たす

2018/07/01(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

金剛(左)の右ミドルが炸裂

▼第12試合 トリプルセミファイナル3 日韓対抗戦4対4 60kg級 3分3R
○金剛 駿(Kick-Style/同級5位)
判定3-0 ※29-27、29-28、30-27
●キム・ミンファン(韓国)

 1R開始早々、激しいパンチの打ち合いになったが、そうした中、金剛の右フックがジャストミート。ミンファンを意識を失ったかのように倒れ込んだ。この一撃で勝負ありかと思われたが、立ち上がってきたミンファンは猛反撃に転じる。そうすると、金剛はいきなり失速。

 2R以降はシーソーゲーム。金剛が右を狙えば、ミンファンはローで崩しにかかる。3Rになると、もう後がないこの韓国人キックボクサーは金剛の蹴りをとってからの右ストレートでスリップダウンを奪うなど猛反撃を見せ明らかにポイントを奪ったが、時すでに遅し。金剛は1Rのポイントを守りきる形で薄氷の勝利を収めた。


判定勝ちしたスンヒョン

▼第11試合 トリプルセミファイナル2 日韓対抗戦4対4 55kg級 3分3R
○イ・スンヒョン(韓国)
判定2-0 ※29-28、30-27、29-29
●鷹介(TeamHawk/同級4位)

 1Rからスンヒョンはタイミングのいいカウンターのヒザ蹴りや破壊力抜群の左ボディストレートで鷹介を削っていく。ラウンド終了間際には力強い前蹴りで鷹介から大きなスリップダウンを奪うと、超満員の会場から大きなどよめきが起こった。

 2Rからは飛びヒザ蹴りも繰り出すスンヒョン。鷹介もローキックで必死の反撃を試みるが、判定2-0でスンヒョンが判定勝ちを飾った。


▼トリプルセミファイナル1 日韓対抗戦4vs4 50kg級 2分3R
○Ayaka(NJKF・健心塾)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-29
●キム・スヨン(韓国)

▼第9試合 DEEP☆KICK 63kg級 3分3R
○SEIYA(MADMAX GYM/同級2位)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●木村颯太(NJKF・拳心会館/同級6位)

▼第8試合 DEEP☆KICK 55kg級 3分3R
△生川龍星(魁塾)
ドロー 判定0-0 ※三者とも28-28
△横野 洋(アンカージム)

▼第7試合 57.5kg契約 3分3R
○殿(NJKF・心将塾)
判定3-0 ※三者とも29-28
●雄大(TeamFreeStyle)

▼第6試合 DEEP☆KICK 55kg級 3分3R
○厳基(月心会チーム侍/同級5位)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-28
●力哉(BKフィットネスジム)

▼第5試合 58kg契約 3分3R
○勇哉(WarriorOsaka)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-29
●虎之介(NJKF・誠輪ジム)
※虎之助が計量オーバー、減点1とグローブハンデ

▼第4試合 57kg契約 3分3R
○TETSU(月心会チーム侍)
判定3-0 ※29-27、30-27、30-26
●郁弥(山口道場)

▼第3試合 DEEP☆KICK 63kg級 3分3R
○堀池空希(究道会館)
判定2-0 ※29-28、29-28、28-28
●篤椰(team Bonds)

▼第2試合 DEEP☆KICK 65kg級 3分3R
○佐野克海(NJKF・拳之会)
判定3-0 ※29-30、28-30、27-30
●ダイナマイト ユイト(G-FREE)

▼第1試合 DEEP☆KICK 53kg級 3分3R
○甲斐元太郎(NJKF・理心塾)
判定2-1 ※28-29、29-28、29-28
●岡野勇馬(山口道場)

▽NEXT☆LEVEL提供試合
▼オープニングファイト第2試合 36kg契約 2分2R
○塚本望夢(team Bonds)
判定2-1 ※19-20、20-19、20-19
●中野泰誠(大原道場)

▼オープニングファイト第1試合 37kg契約 2分2R
○太田在音(魁塾)
判定3-0 ※20-18、20-18、20-19
●西村栄人(武魂会館)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果