TOP > 試合結果

【NKB】西村清吾、王者の意地見せ新日本1位・今野顕彰に競り勝つ

2018/10/13(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

日本キックボクシング連盟/NKB実行委員会
「闘魂シリーズ vol.4」
2018年10月13日(土)東京・後楽園ホール

今野(左)に競り勝った西村(右)

▼第12試合 メインイベント ミドル級 3分5R
〇西村清吾(40=TEAM-KOK/NKBミドル級王者)
判定2-1 ※49-48、49-50、49-48
●今野顕彰(35=市原ジム/新日本キック日本ミドル級1位)

 今年7月から始まったNKBと新日本キックボクシング協会の交流戦。NKBミドル級王者・西村は昨年9月に田村聖の持つベルトに挑み、NKBミドル級王座を奪取した。今年8月には新日本キックのリングに乗り込み、新日本キックウェルター級1位・政斗と一進一退の攻防の末に引き分けている。対する今野は長らく新日本キックのミドル級トップ戦線で活躍し、タイトルマッチも経験している実力者。

 1R、両者共にローを出し合って探り合う中、西村は飛び込みながらの左ストレートを度々クリーンヒット。2Rもお互いに単発の攻撃の中、今野はパンチ連打を見せるが西村は当てさせない。

 4Rになると、今野は右ハイからの右ストレート主体の攻めで西村は鼻血を出し劣勢に。苦戦を強いられる西村だが、前に出てガムシャラにパンチを出してプレッシャーをかける。

 5R、西村が圧力をかけ今野をロープ際に押し込んではヒザ蹴りを出す展開に。今野は自分の距離を潰され、得意のパンチを出せないまま試合終了。判定2-1の僅差で勝利した西村は「NKBの看板を背負っているので負けるわけにはいきませんでした。40歳でもまだまだできるということを証明していきたい」とマイクアピールした。


コッチャサーン(左)から2度のダウンを奪って判定勝ちしたひろあき(右)

▼第11試合 セミファイナル フェザー級 3分5R
〇ひろあき(SQUARE-UP/NKBフェザー級1位)
判定3‐0 ※49-46、49-46、49-45
●コッチャサーン・ワイズディー(タイ/Y’ZDGYM/元ルンピニースーパーバンタム級7位)

 6月のNKBフェザー級王座決定戦で高橋聖人に3RKO負けし、ケガからの復帰戦を迎えたひろあき。今回の相手コッチャサーンは2月にNKBバンタム級王者・高橋亮と対戦しフルラウンド戦う接戦を繰り広げている。

 1R、プレッシャーをかけ続けるコッチャサーンに、ひろあきは遠い間合いから右ストレートを何度もヒット。2Rには右ストレートでコッチャサーンから2度のダウンを奪う。

 3R、逆襲に出るコッチャサーンはヒジ、4Rには左ミドルを効かせてひろあきをダウン寸前まで追い込む。さらにひろあきにこかしを連発させていく。5R、ヒジでコッチャサーンの目尻カットにも成功させたコッチャサーン。大ピンチを迎えたひろあきだったが、打ち合いの中で右ストレートをクリーンヒット。ぐらつくコッチャサーンをひろあきは追い込むも時間切れ。ダウンを奪ったひろあきが判定勝ちした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果