TOP > 試合結果

【ムエタイ】元王者44・ユウがラジャダムナンでの再起戦でTKO勝ち

2018/10/16(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

タイ・ラジャダムナンスタジアムでの再起戦をTKO勝利で飾った44・ユウ

「スック ワンギントン」
2018年10月14日(日・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼第8試合 122P契約(スーパーバンタム級) 3分5R
〇ユウ・ウォーワンチャイ(19=REVAIVAL-GYM/44・ユウ・リバイバル/齋藤祐希)
TKO 4R
●ライタイ・ルークプラバートジム(タイ)

 44(シーシップシー)・ユウ・ウォーワンチャイ(19=本名:齋藤祐希)が、ウォーワンチャイプロモーションより、タイのラジャダムナンスタジアム興行『スック ワンギントン』に参戦した。

 44・ユウは中学2年生で東京都足立区のREVAIVAL-GYMに入門。アマチュア試合で10連勝した後にプロデビューし、2017年7月にわずか7戦目でMuayThaiOpenバンタム級王座に就いた。2018年4月の初防衛戦で貴・センチャイジムに敗れ、初防衛に失敗。足の怪我なども重なった敗北だったが、一から出直すためにタイへ武者修行を行う決意をし、9月よりタイ合宿を遂行中だ。

2017年7月、7戦目にしてヒジによるカットのTKO勝ちでMuayThaiOpenバンタム級王者となった44・ユウ(右)

 試合は初回から、パンチで威勢よく攻める44・ユウに対しライタイはガードを固めるも、44・ユウのローキックを多数もらう。

 2R、44・ユウ陣営のセコンドからは、早くもパンチとローで倒しにいけとの指示が出た。ライタイはこれを首相撲で回避。だが44・ユウの勢いも止まらず、パンチとローキック主体でライタイにダメージを与えた。

 3R、サウスポーのライタイの奥足(左足)が効き始め、上がらない状態に。すると44・ユウ陣営のセコンドからは「次は逆(右)の足を狙え」と指示が出る。44・ユウは左右のローキックを交互に蹴り、試合ペースを完全に握った。だが、ライタイもミドルキックで応戦。試合間隔が空いていた44・ユウも本場ムエタイ選手のしつこさに付き合わされてしまい、若干、ペースを奪われがちな面もあった。

 4R、44・ユウのセコンドから右ローで倒せと指示が出ると、ここからローキックを軸にライタイをコーナーへ追い詰めた。ローキックの連打が決まり、ライタイが苦しそうな表情を見せたところで、レフェリーは試合をストップ。44・ユウが4RTKO勝利を収めた。

 ラジャダムナンスタジアム初出場で勝利を決めた44・ユウは、「ローキックを連打しているうちに、逆に自分のスネの部分が腫れ、途中痛くて蹴るのをやめようかと思ったほど。でも、ここまで来た事や皆がいるので、意地でも蹴っていこうと覚悟して蹴り続けました。お世話になったチャイさん、ノーナクシンジムの会長やそしてジムの皆さんのサポートがありTKO勝利できました。復帰戦で勝てた事が嬉しく思い、世界の壁は高いと肌で実感しました。でも、諦めずタイのベルトを狙っていきます。ありがとうございました」

 なお44・ユウは11月にもラジャダムナン出場の話が届いているという。

●編集部オススメ

・44・ユウが王座を奪取した「MuayThaiOpen39」全試合結果

・ダウン奪われた貴が反撃に転じて44・ユウを逆転KO(試合動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果