TOP > 試合結果 一覧

【ONE】三浦彩佳と今成正和が秒殺一本勝ちの共演

2019/02/22(金)UP

アサラナリエフ(左)が左の一発で仕留めた

▼第9試合 ONEワールドグランプリ準々決勝 ライト級(-77.1kg)5分3R
●エブ・ティン(29=ニュージーランド/マレーシア)
TKO 1R
〇サイード・フセイン・アサラナリエフ(24=トルコ)
※アサラナリエフが準決勝へ進出。

 1R、アサラナリエフの左ローからの左フックがヒットするとティンは前のめりにダウン。アサラナリエフはティンのバックについて顔面パンチを打ち、すぐにレフェリーがストップ。アサラナリエフが衝撃の秒殺KO勝ちでトーナメント初戦を突破した。


ホルツケン(右)の後ろ回し蹴り。カカトがヒットした

▼第8試合 ライト級(-77.1kg)3分3R
〇ニキー・ホルツケン(35=オランダ)
判定3-0
●ムスタファ・ハイダ(30=イタリア)

 ホルツケンは『K-1 WORLD MAX』で活躍し、日本でも試合を行ったベテラン選手。2013年からはボクシングの試合も行い、2018年に開催された『WBSS』(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)に代替選手ながらも出場した。

 ハイダはGLORY、クンルンファイト、ベラトールキックボクシングなどのビッグイベントに出場し、アンディ・サワーやダニエル・ドーソンから勝利を奪っている。

 1R、ホルツケンはいきなりワンツーで入り込む。サウスポーのミアドは左ミドルを蹴って左ストレートを伸ばしていく。ホルツケンは強い右ローから右ボディストレートを突き刺す。ハイダが左ミドルを蹴るとホルツケンは必ず右ローを蹴り返す。

 2R、ハイダは右へ回り込みながらの左ミドル。ホルツケンは距離を詰めながらのボディブローと右ローを打つ。ホルツケンの右インローが何度も決まり、バランスを崩すハイダ。蹴りづらいハイダはパンチ主体に切り替えるが、ホルツケンはヒザを突き上げる。

 3R、前に出るホルツケンがプレッシャーをかけていき、右インローとヒザ蹴りで攻める。それを左ストレートで押し返すハイダ。ホルツケンは後ろ回し蹴りも繰り出す。ハイダの左目上から出血がありドクターチェック。再開後、ホルツケンの右インローにバランスを崩すハイダ、ホルツケンは左右フックを打ち込む。ハイダも最後までパンチを打っていったが、ホルツケンが判定勝ちした。

●編集部オススメ

・三浦彩佳が初参戦、タイトル挑戦者と激突

・“足関十段”今成正和が5年半ぶりに参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧