TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】海人、元Krush王者・中島弘貴に圧勝KO

2019/06/23(日)UP

シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING 2019 act.3」
2019年6月23日(日)東京・後楽園ホール

中島(左)に圧勝した海人(右)

▼第10試合 69.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジなし
〇海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)
TKO 4R2分56秒 ※3ノックダウン
●中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/第3代Krush-70kg級王者、K-1 WORLD MAX 2010日本トーナメント準優勝)

 海人は昨年11月、SB世界トーナメント『S-cup2018』を全試合KOで制覇。12月にはKNOCK OUT初参戦を果たし水落洋祐もTKOに仕留めた。今年2月のポンシリー・ポーシリポンでも圧勝し5連勝としたが、4月にチャド・コリンズに判定負け。今回、階級を上げてヒジなしルールで再起戦を迎える。

 対する中島は2006年9月、SBのリングでプロデビューを果たし、その後Krushなどのリングに上がり長らく国内の70kg級トップ戦線で活躍してきた。

 1Rから海人は左ジャブを突いて右ローで、階級が上の中島を後退させる。中島も右ストレートを返すなど互角の展開。2Rには、右ローをこつこつ当てる海人は組んでのヒザ蹴りでも優位に立ち、流れを引き寄せていく。

 3Rも右ローで削る海人は飛びヒザをクリーンヒット。「階級が上の選手には下から削る作戦だった」という海人は右ロー連打で中島をダウン寸前まで追い込む。

 4R、中島をロープ際に追い込む海人が飛びヒザでダウンを奪う。立ち上がる中島に右ローで追加のダウンを奪い、最後に飛びヒザで3度目のダウンを奪いTKO勝ちで完全復活をアピールした。


再延長戦にもつれ込む内藤(左)との接戦を制した笠原(右)

▼第9試合 59.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級王者)
再延長R判定2ー0 ※10ー10、10ー9、10ー9
●内藤大樹(BELLWOOD FIGHT TEAM/元SB日本スーパーバンタム級王者、SB日本フェザー級1位、RISE DEAD OR ALIVE -57kg王者)

 内藤は2014年11月に伏見和之をKOしSB日本スーパーバンタム級王座を奪取。二度の防衛に成功しているほか、17年11月には各団体のチャンピオンが集結した「RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017」に出場、一日3試合の過酷なワンデートーナメントで優勝を果たすなどSB最強王者として君臨。しかし、昨年11年、3年前にKO負けしているRISE世界フェザー級王者・那須川天心との再戦を行ったが、1RKO負け。心機一転、階級を上げ復帰戦に臨んだ。

 一方、SB次期エース候補の笠原は、前戦となった4月大会ではREBELSとの対抗戦に出場し、格上の元WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王者・小笠原裕典から右フックでダウンを奪い大差を付けて判定勝ちを収めた。

 1R、右ローをこつこつ当てる内藤は、笠原が前に出れば前蹴りを合わせてなかなか攻め込ませない。2R、蹴りで距離を取る内藤に対し、笠原は強引に詰めてパンチ狙いもヒットはない。

 3R、プレッシャーを強める笠原がボディブローを当てるなどで攻め、内藤に主導権を握らせない。本戦はドローとなり、延長戦へ。パンチの内藤に、笠原は右ミドル連打を見せるなど一進一退の攻防。ここでも差が開かず、再延長戦に突入した。

 笠原が左ミドル、組んでのヒザを当て、内藤は徐々に手数が減っていく。最後まで攻める笠原が僅差の判定で勝利を収めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧