TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】海人、RISE王者ソンヒョンとの接戦を制す

2019/09/28(土)UP

シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING 2019 act.4」
2019年9月28日(土)東京・後楽園ホール

ソンヒョン(右)と打ち合う海人(左)

▼メインイベント 第10試合 69.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジなし
〇海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)
判定3-0 ※三者とも49-48
●イ・ソンヒョン(韓国/RAON/RISEミドル級王者)

 6月大会では元Krush-70kg級王者・中島弘貴に圧勝した海人が、今回も階級を上げて69.0kg契約、ヒジなしルールの一戦に臨んだ。対戦相手のソンヒョンはRISEでライト級とミドル級の2階級を制覇。2014年6月にSB参戦し、元SB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭も破った実績がある。

 1R、ソンヒョンのプレッシャーの前に、海人は下がりながら右ロー。このラウンドは様子見だったこともあり海人の手数は少なく、ジャッジ1人はソンヒョンを支持。

 2Rには、パンチを出しながら前進するソンヒョンに、海人はヒザを合わせていく。「組んだ時に首相撲ができないとわかった」という海人は、3Rには首相撲からのヒザ蹴りで削っていく。離れ際には右ハイでぐらつかせた海人がバックブロー、右ロー。

 4R、海人が右ロー、組んでのヒザ蹴りでも優位に立つとソンヒョンは次第に疲れを見せ始めた。5Rも前に出るソンヒョンがコーナーに詰めてパンチ連打、冷静にさばく海人がパンチ連打を当て、組んでのヒザ蹴りで優勢を印象付ける。僅差の判定で海人が勝利した。


パンチで3度ダウンを奪いTKO勝ちした笠原(右)

▼第9試合 SB日本スーパーフェザー級タイトルマッチ エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
〇笠原弘希(シーザージム/前SB日本フェザー級王者)
TKO 2R1分42秒 ※3ノックダウン
●深田一樹(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーフェザー級王者)
※笠原が新王者に、深田は初防衛に失敗

 深田が笠原を挑戦者に迎えて初防衛戦。両者は2017年11月に対戦し、延長戦の末に深田が判定勝ちしている。

 1Rは笠原がやや有利に試合を進める中、2Rに笠原が右フックでダウンを奪う。さらに左フックで2度のダウンを追加しTKO勝ち。ベルトを巻いた笠原は、深田にKO勝ちしているREBELS王者スアレックとの対戦をアピールした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧