TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】上田一哉、ポッシブルKをKOし連敗脱出

二田水が再延長で勝利、魁斗はパンチでTSUTOMUに差をつけ勝利
2019/10/27(日)UP

再延長戦の末に大桑(右)との接戦を制した二田水(左)

シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING 花やしき Extreme.3」(2P目)
2019年10月27日(日)東京・浅草花やしき・浅草花劇場
 
▼第5試合 CAESARS LEAGUE 2019&ランキング戦  SB日本スーパーバンタム級(-55.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇二田水敏幸(ネックススポーツ/SB日本スーパーバンタム級5位)
再延長R判定2-1 ※10-9、9-10、10-9
●大桑宏章(シーザージム渋谷/SB日本スーパーバンタム級4位)
※本戦は28-28、29-28、28-28
※延長Rは10-10、10-9、10-10
 
 大桑、二田水はこれまでに2度対戦し1勝1敗、3度目の対決を制すのは!? また、ともにリーグ戦での勝ち点はないため0P。
 
 1R、左右ローの大桑は左フック、二田水はじりじりと詰め左ミドル。終盤には大桑が手数を増やしつつ、左フックから組み付いてバックドロップでシュートポイント2を奪取した。
 
 2R、左右のパンチ連打でリーチ差のある攻めを見せる二田水に、大桑は押され気味。大桑は下がりながらも大振りの左フックを返すがこのラウンドは二田水優勢のラウンドとなる。
 
 3Rも伸びのある左ジャブ、右ストレートで下がらせてテンカオの二田水。大桑は左フック、投げも狙う。残り時間僅かのところで、二田水はパンチ連打で追い込んだところで終了。二田水の巻き返しで本戦はドローに。
 
 延長R、ワンツーからのテンカオを見せる二田水に、押されながらも大桑は左フックを返す。連打の止まらない二田水に対し、大桑も重みのある攻撃を返しここでもドロー。再延長R、手数の二田水に、大桑は左フック、左ミドルを返して投げも狙う。打ち合う中、二田水が手数で差を見せ接戦を制した。

TSUTOMU(左)を下して8連勝となった魁斗(右)

▼第4試合 CAESARS LEAGUE 2019&ランキング戦  SB日本フェザー級(-57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇魁斗(立志會館/SB日本フェザー級3位)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●TSUTOMU(TIA辻道場/SB日本フェザー級10位)
 
 1R、右ローからパンチ、左ボディからワンツーを決める魁斗。TSUTOMUが打ち合いにも応じるが、細かい連打を見せる魁斗がヒット数で上回る展開。
 
 2R、左ジャブから右ストレートの魁斗は右ローも混ぜて前進。終盤にはパンチ連打で追い込むが、TSUTOMUも応戦し決定打を許さない。
 
 3R、前に出るTSUTOMUがパンチ連打、魁斗も打ち合いに応じ左フック、右ストれレートを当てるが倒し切れない。2度投げも見舞うがNOシュート。最後まで手数を出す魁斗が優勢の中、試合終了。判定3-0で魁斗が勝利し、無敗記録を8に伸ばした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧