TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】上田一哉、ポッシブルKをKOし連敗脱出

2019/10/27(日)UP
シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING 花やしき Extreme.3
2019年10月27日(日)東京・浅草花やしき・浅草花劇場

ポッシブル(左)にKO勝した上田(右)

 
▼メインイベント 第7試合 SB日本スーパーフェザー級(60.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇上田一哉(シーザージム新小岩/SB日本スーパーフェザー級2位)
KO 2R24秒 ※右ハイキック
●ポッシブルK(Sublime guys・GONG-GYM坂戸/SB日本スーパーフェザー級4位)
 
 4連敗中の上田と、前回8月大会で増井侑輝にKO負けしたポッシブルの再起を懸けたもの同士の一戦。
 
 1R、左右ミドルの上田は右ストレートをヒットさせ、ポッシブルの顎が跳ね上がる。組み付く上田は立ち関節を狙うなど積極的な攻めを見せた。ポッシブルも前に出てパンチを狙うが、上田が組み付いてディフェンス。
 
 2R、右ミドルをテンポよく当てる上田に、ポッシブルはローを返す。前に出たポッシブルに上田は右ハイをクリーンヒットさせ見事なKO勝ち。

内藤(右)にKO勝ちした竹野(左)

▼第6試合 CAESARS LEAGUE 2019&ランキング戦  SB日本スーパーバンタム級(-55.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇竹野元稀(風吹ジム/SB日本スーパーバンタム級4位)
TKO 3R1分3秒 ※セコンドからタオル投入
●内藤凌太(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級2位)
 
 リーグ戦で内藤は6月大会で大桑に判定勝ちし1P、竹野は5月大会で二田水に延長判定勝ちで1Pを獲得している。
 
 1R、序盤から連打を仕掛ける竹野が内藤を追い込む。右アッパー、左右フックを浴びながらも内藤は応戦し左ミドル。竹野が手数で優勢のラウンドとなった。
 
 2Rも、竹野が距離を潰してパンチ連打。内藤も打ち返していくが、竹野のパンチを被弾してしまい左目尻のカットで流血。
 
 3R、ワンツーで前進する内藤に、竹野が右ストレートでダウンを奪う。打ち合う中で竹野が優勢の中で、パンチを浴びた内藤がヒザを着いてダウンすると内藤のセコンドがタオルを投入し試合終了。TKO勝ちした竹野は「この試合が王座挑戦者決定戦だと思って全力で挑みました。リーグ戦は大桑選手との試合がもう1試合残ってますが、12月3日のグラウンドゼロで試合を組んでほしいです」と2019年ビッグマッチ出場をアピールした。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > 試合結果 一覧