TOP > 試合結果 一覧

【Aリーグ】KARENが激闘制して5戦無敗に

2019/11/17(日)UP

華麗な足技で勝利したKAREN(右)

PINK DRAGON
「Aリーグ 45DX」
2019年11月17日(日)宮城・ドラゴンボクシングスタジアム

▼第38試合 メインイベント 48kg契約 2分3R ※ヒジなし
〇KAREN(DRAGON)
判定3-0 ※三者とも30-28
●阿児☆マムシ(契明ジム)

 今年4月にプロデビューし、4戦3勝1分と無敗を突き進むDRAGON GYM期待の新鋭KARENが、二階級上でKARENよりも7cm長身の阿児と対戦した。

 1R、パンチを出しながら圧力をかける阿児に対し、KARENは下がりながらも左ミドルを返す。劣勢の印象の強いKARENだが、2Rには左ミドルから組んでのこかしを何度も決めて阿児のスタミナを削っていく。

 完全に勢いの落ちた阿児に対し、3RにはKARENが左ミドル、組んでのヒザを当て、さらに崩して優勢を印象付ける。KARENが大差を付けて判定勝ち。これで5戦無敗に。

 


激しい打ち合いを制した荒井(右)

▼第37試合 セミファイナル 49kg契約 2分3R ※ヒジなし
〇荒井穂乃香(DRAGON)※デビュー戦
判定2-1 ※30-29、29-30、30-29
●Queen YUKI(STARTGATE)

 DRAGON GYMのKARENに続く新鋭・荒井は8月にタイ・プーケットのバングラスタジアムでムエタイデビューし大逆転の判定負け。今回が国内プロデビュー戦となる。対するYUKIはAリーグや所属ジムで戦績を重ね、2児の母の顔を持つママさんファイター。今年4月にKARENを相手にプロデビューし、判定負けを喫した。

 1R、左右ミドルの荒井に対し、YUKIはパンチ連打で対抗。組んでの展開では互角。2R、蹴りの距離で戦いたい荒井だが、YUKIはパンチ連打で前進しその勢いに下がってしまう。劣勢の荒井だが、3Rにパンチでも応戦。組んではYUKIをこかして優勢を印象付けていき、僅差の判定勝ち。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧