TOP > 試合結果 一覧

【K-1 KRUSH】レオナ・ペタスが山本をKOで下し初防衛、武尊に宣戦布告

2019/12/15(日)UP

山本(右)とバチバチの打ち合いを繰り広げ、KO勝ちしたレオナ(左)

K-1実行委員会
「K-1 KRUSH FIGHT.109」
2019年12月15日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第8試合) K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級タイトルマッチ 3分3R延長1R
〇レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王者)
KO 2R2分08秒
●山本直樹(優弥道場/挑戦者)
※レオナが初防衛に成功

 レオナは“石の拳”と呼ばれる強烈なパンチを武器に、今年6月のK-1両国大会では小宮山工介にKO勝ち。前戦となった9月のKRUSHでは王者・西京佑馬を判定で下してタイトルを獲得し2年半負けなしの6連勝に。今回初防衛戦を迎える。対する山本は、7月のKRUSHで行われた日中対抗戦で、中国のワン・ジュンユーに勝利し、今回KRUSHタイトルマッチ初挑戦となる。

 1Rゴングと同時に飛び出す山本は左右フックで前進。クリンチ気味に接近戦を仕掛ける山本に、レオナは右フックでダウンを奪う。立ち上がる山本はダメージを感じさせることなく前に出て左右フックも、レオナは下がりながら当てさせずにパンチを返していく。

 2Rも接近戦を仕掛ける山本に対し、レオナは打ち合いに応じダウンを奪う。立ち上がる山本はプレッシャーをかける中、レオナはスウェーで交わして右ストレートでダウンを追加。

 なおも前に出る山本に、パンチ連打でフィニッシュを狙ったレオナが3度目のダウンを奪ってKO勝ち。初防衛に成功したレオナは「武尊選手、K-1のベルトを懸けて戦ってもらえないですかね。待ってます」と武尊への挑戦をアピールした。


パンチ連打で牧平(左)から逆転KO勝ちした加藤(右)

▼セミファイナル(第7試合)  K-1 KRUSH FIGHTウェルター級 3分3R延長1R
〇加藤虎於奈(TEAM TOP ZEROS)
KO 2R2分48秒
●牧平圭太(HALEO TOP TEAM/元K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者)

 今大会のメインを務めるレオナ・ペタスの実弟・加藤は5戦3勝(2KO)2敗の新鋭。前戦となった7月のジャン・チュンユー戦では判定負けを喫し、今回が再起戦。対する牧平は30戦以上のキャリアを持つ元K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者。前回は4月のKRUSHで松岡力に判定負けしてこちらも再起戦となった。

 1R、左ハイ、左ローとアグレッシブな攻撃を見せる加藤に対し、牧平はしっかりディフェンスし左ロー、左ミドル。

 加藤の右ローに牧平は左ストレートを合わせてダウンを奪う。逆襲に出る加藤は、終了間際に左ストレートを打ち抜いてダウンを奪うも、ゴングの後だった。

 2R、前に出る加藤は左ハイから左ストレートを決めてダウンを奪い返すことに成功。立ち上がるもダメージを見せる牧平に、加藤はパンチ連打をお見舞いしKO勝ち。マイクを握った加藤は木村ミノルが保持するKRUSH王座挑戦をアピールした。

▶︎次ページは島野vsSATORU、瓦田vs稲垣

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧