TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】終了間際のバックハンドブローのKO劇! Krush王者・山際が轟沈

2020/11/08(日)UP

山際にバックハンドブローがヒットした瞬間

ビッグバンプロモーション
『スーパービッグバン2020』第一部  (ビッグバン10周年記念興行・谷山ジム35周年記念興行)
2020年11月8日(日)東京・TDCホール

▼第9試合 メインイベント第2試合 67kg契約 3分3Rビッグバンルール
●山際和希(谷山ジム/第7代Krushウェルター級王者)
KO 2R 3分0秒 ※バックハンドブロー
○FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

正確にパンチをヒットさせる山際

 山際和希はBigbang、K-1グループを主戦場とするベテラン。強烈な蹴り技を中心とした多彩な攻撃を武器に今年8月に行われた第7代Krushウェルター級王座決定トーナメントに勝利しキャリア50戦目にして悲願のKrush王者のベルトを巻いている。

 対するFUMIYAは水泳でジュニアオリンピックに出場経験を持つフィジカルモンスター。K-1、Krushに参戦し、戦績は5勝7敗と負け越しているものの、その勝敗全てがKO決着という激闘ぶりで人気を博している。

FUMIYAは蹴りも強い

 1R、ゴング前から闘志むき出しで睨み合う両者。序盤から思いっきりパンチを振るい攻め続けるFIMUYAに対し、手数は少ないものの山際は的確にパンチ、蹴りを当てていく。

 2R序盤から山際が動く。ヒザも織り交ぜながら、FUMIYAの打ち終わりに合わせて、パンチ、蹴りを確実に入れていく。疲れがみえるFUMIYA。攻撃終わりのクリンチが目立つ様になったが、ラウンド残り数秒に猛然と襲い掛かる。

前のめりにマットに崩れ落ちた山際

 山際とFUMIYAは壮絶な打ち合いとなり、一進一退の展開に。山際がワンツーをヒットさせるとFUMIYAが反撃のパンチを空振った。山際に背中を見せる格好になったが、そのままバックハンドブロー!山際のアゴにクリーンヒットすると、終了のゴングと同時に山際は前のめりにバッタリと崩れ落ちた。

 会場が騒然となるKO劇を決めたFUMIYAは「最近あまり勝ちがなく終わったんじゃないかと周りやファンにSNSで言われていたが、これがFUMIYAです!」と咆哮した。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

▶︎次ページは、特攻”神保克哉が終始攻め続け、王者JOEに快勝

●編集部オススメ

・【Krush】山際和希が近藤魁成の負傷で王座獲得「実力ではない、更に腕を磨く」

・【ビッグバン】城戸康裕、Krush新王者・山際、防衛戦の駿太ら全員が計量パス

・【UFC】衝撃KO劇、歴史に残るスゴ技が飛び出す=UFC2戦目バックリー(動画あり)

・K-1でコスプレイベント!? 城戸康裕がハロウィン仮装大会2連覇の実力見せつける

・【UFC】世界最強女王ラウジー、ホルムに衝撃KO負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧