TOP > ニュース 一覧

K-1でコスプレイベント!? 城戸康裕がハロウィン仮装大会2連覇の実力見せつける

2019/11/01(金)UP

ドラクエのラスボス”ゾーマ”のコスプレ衣装で登場した城戸

 10月31日(木)神奈川県内で、11月24日(日)に開催される『“K-1冬のビッグマッチ 第1弾 横浜”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」』の公開イベントが行われた。この日はハロウィンで、よこはまつりに出場する選手たちが各自の個性を生かしたコスプレで登壇した。

 完成度が高く、目を引いたのはゲーム『ドラゴンクエスト3』のラスボスである魔王ゾーマのコスプレをした城戸康裕(谷山ジム)だ。城戸は毎年ハロウィンに行われる手作り仮装大会を二連覇している驚異の実績の持ち主。今回のゾーマは1年目に優勝を飾ったものだと言う。顔にも青くメイクをし、こだわりの扮装に会場からは感嘆の声が漏れた。

「復讐する」とスクリームの殺人鬼を演じたカリミアン

 城戸は「私服です。これで車を運転してきました」と、煽りPVや公開練習で常に仮装をしているので日常だとコメント。
 また武尊の持つスーパー・フェザー級王座に挑戦する村越優汰(湘南格闘クラブ)は魔女っ子の格好で登場。得意の蹴りを放つ見事な筋肉がミニスカートから伸びるが、スネの毛も手入れし臨む気合の入りようだ。スーパー・ライト級戦で山崎秀晃と対戦する瑠久(K-1GYM 横浜infinity)と、3人ともが地元だと言う横浜でのK-1大会を持ち上げると意気込んだ。

スパイダーマンな安保璃久と水兵さんの金子

 一層どよめきを生んだのは、スプラッター映画『スクリーム』の殺人鬼に扮したクルーザー級王者シナ・カリミアン(イラン)。スーツに仮面をつけ、鮮血に染まったナイフを手にしただけのものだが、身長200cmのカリミアンは迫力満点。なぜか最後まで仮面を取ることを拒否し、8月の大阪大会でKO負けを喫した愛鷹亮との王座戦に「復讐したいと思っています」と不気味にコメントした。

 他にもフェザー級王者決定トーナメントに出場する安保璃久(team ALL-WIN)はスパイダーマンの格好で登場、ライト級王者・林健太と戦うK-1グループデビュー戦のラウェイ王者・金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)は横浜にちなんで水兵のコスプレなど各自が工夫をこらした仮装を披露し会場を沸かせた。

お菓子を配る武尊

 最後に登場した武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は「仮装する気がなかった」と私服で登場するも「ハロウィンはおかしを配るイベントですよね」と菓子袋を手に登場。「横浜アリーナは昔のK-1が開催された場所。この大会を成功させることで、昔のK-1を超える大事な一戦になると思う。他団体から来た選手には負けられないし、その後に繋げるためにも負けられないので、良いKO勝ちをしたい」と意気込み、来場したファンたちに満面の笑顔で菓子を配った。

●編集部オススメ

・11.24 年内休業発表していた皇治が急遽参戦、相手は”パンクラスの悪童”川原誠也

・メインを飾った皇治、他団体への挑戦見据え「チャンスをください」

・武尊が11.24横浜大会で復帰戦「最高の心と身体作ってリングに戻る」

・城戸康裕が王座見据え神保克哉と対戦、煽りVは力作を約束

・初の横浜大会に向け武尊らが県知事を訪問「生で見た迫力や臨場感、感動を」と観戦呼びかけ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧