TOP > 試合結果 一覧

【Krush】松岡力が加藤虎於奈にダウン奪い新王者に、壽美は真優に勝利し涙の戴冠

メンチ切り堀井翼が流血敗退、勝った里見「(堀井は)凄い打たれ強かった」
2021/04/23(金)UP

里見のパンチが堀井の顔にヒット

Krush実行委員会
『Krush.124』(5P目)
2021年4月23日(金)東京・後楽園ホール

▼第1試合 Krushライト級/3分3R・延長1R
〇里見柚己(team NOVA)※K-1 GYM横浜infinityから所属変更
判定3-0
●堀井 翼(K-1ジム五反田チームキングス)

試合前にはお馴染みの堀井流メンチ切り「フラッシュバック」が飛び出した

 堀井は会見でのビッグマウスや独特のパフォーマンスが人気の異色ファイターで、YouTuberとしても活躍中。前戦は昨年6月ラウェイ王者の金子大輝戦。股間王の異名を持つ堀井だがローブローを3度被弾し続行不可能となる反則勝ちで、今回約10ヶ月ぶりの復帰となる。

 里見は18年11月のKrush旗揚げ10周年記念大会では、メインイベントで山本真弘を一撃KOに葬り注目を集めた。今回から所属をteam NOVAとし、心機一転を図る。

ヒザ蹴りを突き上げる里見

 試合直前、互いにリング中央に寄ると、堀井流メンチ切りの「フラッシュバック」で盛り上げる。

 1R、サウスポーの里見は前に出てプレッシャーを掛け、パンチを上下に打ち分ける。堀井はこれにミドル、ロー、前蹴りと右の蹴りで対抗する。序盤はペースを取られた堀井だが、中盤から蹴りで前に出ていく。

流血しながらも、必死な顔でパンチを放つ堀井

 2R、里見はやはり開始から前に出て左ストレート、左ハイと堀井を下がらせる。しかし堀井はラウンド終盤にバックブロー、右ストレートと当て反撃する。
 3R、圧力をかけパンチで優勢な里見に堀井は自ら下がって里見を呼び込み右ストレート、左フックで対抗する。堀井はパンチで反撃も顔面から流血が見える。最後は里見は左ハイキックからパンチ連打で攻勢のまま試合終了となった。

 判定は3者30-28で里見。曲者ファイター堀井を降した。
 試合後のインタビューで里見は「(堀井選手は)すごく打たれ強かった。自分がパワーがないのもある。こんな試合をして何ですが、ライト級のベルトは空位なので、8人でも16人でもトーナメントやってベルト巻きたい」と語った。

●編集部オススメ

・[前日計量]女王の座を賭けバチバチの前哨戦、前蹴りKOの真優は「明日もバンバン当てる」対する壽美「当たっても私は止まらない」

・[前日計量]王者・加藤虎於奈と挑戦者・松岡力、親友同士の二人は共に「明日は倒す」

・計量パスの“全裸新聞”堀井翼、はぎ取るとそこには何と…試合は「250%KOする」と豪語

・【Krush】ラウンドガールに”筋肉女子” ビキニコンテスト優勝の石田が初登場

・今年のKrushラウンドガール6名が決定、新顔は筋肉女子&レースクイーンの2名

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧