TOP > 試合結果 一覧

【海外キック】バダ・ハリをKOした元K-1ザビット・サメドフが“壮絶ローキック”でTKO勝利=ACA

2021/10/07(木)UP

元K-1戦士サメドフがローキックでTKO勝利!(@ACA_Leagueより)

 10月4日(月)チェチェン共和国グロズヌイで、格闘技イベント『ACA 130』が開催された。ACA(Absolute Championship Akhmat)は、ACB(Absolute Championship Berkut)とWFCA(World Fighting Championship Akhmat)が合併したロシアの総合格闘技団体。 ACB時代に水垣偉弥をTKOで下したルスタン・カリモフなど、スター選手が揃っている。

【動画】サメドフが壮絶ローキックでTKO勝利の瞬間

 この大会に出場したのは、旧K-1でバダ・ハリやレイ・セフォーと激闘を繰り広げたザビット・サメドフ(アゼルバイジャン)。サメドフは旧K-1消滅後、2013年5月25日にロシアの『Legend Fighting Show』でバダ・ハリをTKOで下すなど、ヘビー級戦線で頭角を現していた。現在もファイターを続けており、今大会では金網(ケージ)の中で行われたキックルールの試合に登場した。

 サメドフの対戦相手は、コンゴのディディエ・キロラ。MMAファイターだが、キックルールでも連勝を重ねる強豪だった。サメドフは左右のパンチ主体で攻めるが、ミドルキックで動きを止めてローキックで的確にダメージを与えるところは、さすが元K-1戦士。キロラはパンチを返すが、ローキックで苦しむことに。

 何度もローキックを蹴られて動きが止まると、レフェリーが試合をストップした。37歳のサメドフは、まだまだ伸びしろは十分。これからもヘビー級戦線を盛り上げてくれることだろう。

▶︎次ページは【動画】サメドフが壮絶ローキックでTKO勝利の瞬間

●編集部オススメ

・【海外MMA】マウスピースを吹き飛ばす剛腕KO!アゴを打ち抜かれた相手は失神ダウン=ACA

・『テレビ』10.10「フューリーvsワイルダー第3戦」生中継・配信、放送情報=ボクシングWBC世界タイトルマッチ

・やはり強かった渡慶次幸平、三日月蹴りとストレートで“すげぇ”TKO勝利「死ぬまでラウェイは辞めねえ」

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧