TOP > 試合結果 一覧

【UFC】ブラジル強豪女子デュモント、長髪美女戦士ラッドを判定で下し3連勝

2021/10/17(日)UP

3連勝を飾ったデュモント©️UFC

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス40』
2021年10月17日(日・日本時間)米国ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼女子フェザー級マッチ
●アスペン・ラッド(26=米国)
判定0-3 ※46-49×2、47-48
○ノルマ・デュモント(31=ブラジル)

 バンタム級3位のラッドは、今月2日開催のUFC FNにてメイシー・チアソンと対戦する予定だったが、ラッド本人が体重超過で失格に。2週間後の本大会で、階級を一つ上げたフェザー級で参戦しデュモンと戦う。MMA戦績は9勝1敗。

ジャブを放つラッド©️UFC

 対するデュモントはUFC4戦目の実力者。当初、元UFC女子バンタム級王者のホリー・ホルムと対戦する予定だったが、ホルムが負傷欠場したため、代打出場となったラッドと戦う。現在2連勝中で、MMA戦績は6勝1敗。

 1R、デュモントが踏み込んだジャブ、ワンツーを継続的にヒットさせる。ラッドはジワジワとプレッシャーをかけるが、手は出ない。

 2R、再びジャブをヒットさせ続けるデュモント。流れを変えたいラッドは組みつき、テイクダウンを狙うが、デュモントがさせない。

デュモントがジャブでラッドを圧倒©️UFC

 3&4R、ジャブとカウンターの右を当てるデュモントが、試合の主導権を握る。自分の試合ペースを作れないラッドが何度も組み付くが、テイクダウンならず。4R残り30秒、逆に倒されたラッドが下からトップを奪い返し、パウンド&ヒジを叩きつける。

 5R、ここまでポイントを奪われ、後のないラッド。最初から組みつきテイクダウンを狙うが、デュモントがケージレスリングで上手く抵抗し、最後までしのぎ切った。

 結局、判定3-0でデュモントが勝利。フェザー級に上げて戦ったラッドを下し、連勝記録を3に伸ばした。

▶︎次ページは【フォト】本日の激闘と昨日のビキニでマッスルな前日計量

●編集部オススメ

・【UFC】長髪美女戦士ラッドと黒ビキニのデュモントがマッスルポーズで計量パス

・【動画あり】世界震撼!最強ペトロシアンの硬直失神KOに、魔裟斗が「マジか!時代が変わった」と呆然

・【動画あり】恐怖の顔面ヒザ蹴りKO!2メートル巨漢オパチッチに「野獣のようだ」と驚きの声=ONE

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧