TOP > 試合結果 一覧

【海外MMA】これは回避できない!カーフキックからの回転バックブローKO!死角からの一撃で相手は壮絶な失神ダウン

フォロー 友だち追加
2022/02/17(木)UP

カーフキックからの回転バックブローKO!
@Grabaka_Hitmanより

 2月13日(日本時間)ロシア・オムスクで開催された総合格闘技イベント『Shlemenko FC 3』にて、カーフキックからの回転バックブローという、回避不可能なKO劇が起きた。
 KOしたのは、レナト・ゴメス(34=ブラジル)。ウェルター級マッチのアレクセイ・シュルケビッチ(29=ロシア)との一戦だった。

【動画】カーフキックからの回転バックブローKO!相手は壮絶な失神ダウン

 ゴメスはジャングルファイトやKSWなどの参戦経験を持つベテラン選手。MMA26勝の内22フィニッシュ(18KO・4一本)と決定率が高い。
 対するシュルケビッチは13勝4敗の戦績を誇るロシアの実力者。前戦となる昨年10月の『Bellator 269』では、グラチク・ボジンヤンに初回KO勝利を飾った。

 試合は2R残り10秒、シュルケビッチの前進に対し、ゴメスが踏み込んだカーフキック!足を畳んで蹴りをかわしたシュルケビッチがカウンター狙いで踏み込むと、なんと、ゴメスは蹴りの回転を活かして、そのまま回転バックハンドブロー!

 死角からの一撃をもらったシュルケビッチは、足が伸びきった状態で失神ダウン。ゴメスが2R4分55秒、衝撃のKO勝利を飾った。

『Shlemenko FC 3』
2月13日(日本時間)ロシア・オムスク
▼ウェルター級マッチ
○レナト・ゴメス(ブラジル)
KO 2R4分55秒 ※回転バックハンド
●アレクセイ・シュルケビッチ(ロシア)

【勝者 選手データ】(2022年2月17日現在)


レナト・ゴメス(34歳・Renato Gomes・ブラジル)
階級:ウェルター級
戦績:27(19KO4一本)13敗(TAPOLOGY参照)

▶︎次ページは【動画】カーフキックからの回転バックブローKO!相手は壮絶な失神ダウン

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・体重100kgヘビー級戦士がバックスピンキックKO!脇腹への一撃に相手は悶絶ダウン

・【フォト】元UFC美女が自身のセクシーショットベスト9を発表

・衝撃の一撃KO!相手は大の字ダウンで失神、すぐに起き上がれず

・カーフキックで自爆骨折、ホワイト社長投稿の衝撃動画に100万回再生も、否定的な意見と様々な反響

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧