TOP > 試合結果 一覧

【アクセル】47歳・我龍真吾の”喧嘩師”復活!顔ボコボコも根性の勝利で9本目のベルト奪取

2022/07/24(日)UP

アクセルプロモーション
『ACCELvol.53』
2022年7月18日(月)兵庫・神戸常盤アリーナ大ホール

頼木瞬が勝利

▼第4試合 Gルール53Kg契約3分3R
●細川雄司(慎心会館)
ジャッジ判定3-0
〇頼木瞬(チームライト)

 細川が圧倒的にリーチ有利だが、頼木はしっかりと構えを取り、前に前
にと入り込む。頼木のパンチが何度か細川の顔面を掠める。この時点で、頼木の
試合ペースに。

 2R、細川が飛び込みざまの膝蹴りを繰り出すも不発。また組付きが目立ち、イ
エローカードが出される。リーチで勝るが、細川にとって頼木はやりに
くい相手という印象。

 3R、組付きで、今度は頼木にイエローカード。最終ラウンドの接近戦で当てているのは頼木だが、細川にもダメージはない。最後は判定3-0で頼木が勝利した。


▼第3試合 Gルール58Kg契約3分3R
〇横野洋(3K)
KO 2R1分22秒 ※膝蹴り
●柴田和也(大原道場)

 静かな1Rの展開。柴田から攻めに入るが、横野は顔色を変えずに、冷静に柴田の技を散らす。横野が前蹴りで突き放して距離を取り、足払いで柴田を転倒させる。

 2Rに入り横野が、静かに試合を運ぶ展開は変わらない。満を持した横野の膝蹴りが柴田の顎を捉えて10カウントKO。

▼第2試合 Gルールフェザー級3分3R
●きーやん(無名塾)
TKO 3R2分6秒
〇平井楓也(西田道場)
※2R、3Rに1回ずつきーやんにスタンディングダウン有り
※3R、きーやんの目にドクターチェック有り

 1R、きーやんが平井とのキャリアに気後れせず攻め込む姿勢を見せる。ほぼ互角の展開、先手を取るきーやんに、平井が左の前蹴りやミドルを返す。

 2R、キャリアに勝る平井がパワフルなコンビネーションできーやんを押さえこ
んでいく。平井がパンチと膝できーやんのボディに集中攻撃し、きーやんがスタンディングダウン。

 3R、レフェリーの要請できーやんの目にドクターチェックが入る。平井がハイキックと膝がきーやんの顔面を襲い、アウトローの連打できーやんが2度目のスタンディングダウン。試合再開するも、平井のアウトローできーやんが続行不能となり、平井がTKO勝利した。

▼第1試合 Gルール51Kg契約3分3R
△木下悦志(KICKLAB)
ドロー 2R 1分08秒 ※木下の偶然のバッティングのため
△大翔〈究道会館)
※ジャッジ判定 ドロー2、大翔1

 大翔は、かつての極真の世界戦士・堀池典久の生徒であり乱戦にも強い。1R、ローキックでの探り合いからスタート、大翔が木下の技をキャッチしてテイクダウン。

 2Rもアグレッシブな大翔だが、1分8秒木下の偶然のバッティングが大翔の顎に入り続行不能に。ルールに従い、ここまでの経過でジャッジ判定し、大翔1、ドロー2で引分け試合に。快調だった大翔にとっては惜しまれる結果となった。

●編集部オススメ

・内田ノボルがKO負けなど、この大会のその他結果

・話題のリングガール雪平莉左が”Fカップ美ボディ”披露、井上尚弥戦の涙も語る

・【キック】”最後の挑戦”49歳 アクセル酒谷代表がTKO負け、長島”自演乙”の師 62歳黒田がV2達成

・7.17『Breaking Down』全試合 結果 速報=朝倉未来の1分間大会(モハン・ドラゴンvs啓之輔、瓜田純士、こめお、久保田覚、女子マッチほか)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧