TOP > 試合結果 一覧

【GAINA魂】武尊がエキシ出場のキック大会はメイン、セミ共に延長判定へもつれ込む熱戦に

2022/11/08(火)UP

田中 陸登が勝利

米子ジム/BSS山陰放送
『Flourish presents GAINA魂(第1回ガイナソウル)』
2022年11月6日(日)鳥取・米子市公会堂大ホール

▼第5試合 60kg契約 3分3回戦(延長1ラウンド)
●堤島知久(米子ジム/KODOライト級7位)
延長判定1-2 ※9-10×2、10-9
○ 田中陸登(拳狼会/KODOライト級5位)
※本戦判定0-1(28-30、30-30、29-29)

 第1回「GAINA魂」メインイベントの重責を担う両雄は、入場時の表情にも共にその自覚が感じられる。武尊が出場するK-1のように、瀟洒ながら熱く編集された煽りVTRでは、短いながら堤島が親友・晃貴との約束でプロのリングに上がり、中途半端だった自分の人生を覆すドラマが描かれた。

 堤島には“ジ・オーバーターン”、田中は“疲れ知らずの恐し屋”とキャッチコピーが打たれ、試合もその言葉を反映する内容となった。

 1R、サウスポーの堤島が左ストレートの強打で先制。これを受けオーソドックスの田中は、いきなり左右の細かなローキックに交えてコンビネーションブローを回転させ、前進し打ち合いを誘う。鋭いカウンターブローや左ハイキックを繰り出す堤島はハイセンスで、泥臭くともステップアップを止むことなく続けてキックとパンチをバランスよく打ち続ける田中は集中力が高い。

 2R、打ち合いがヒートする中、田中の前進がバッティングを呼び込み、堤島が左目尻をカット。僅かながらも流血する堤島だが、激しい打ち合いを挑み、田中も応じる。そのガッツ溢れる試合振りは武尊のそれを思い起こさせる。左ストレートを中心に一発の強さがある堤島だが、連打止まない相手の前進を止めるには至らず、田中のプレッシャーが強い。

 3R、いきなりの左ハイキックを振るう堤島。必勝の気持ちが感じられるが、田中もそれ以上に呼応してラッシュ力を強める。足を止めてのハイスパートな打ち合いを厭わない二人だが、決定打はどちらにもない。意地と意地が交錯する中でゴング。判定はジャッジ1名が田中を支持するも0-1ドローとなり、マスト判定の延長ラウンドへ。

 4R、開始前に不敵に笑う堤島。互いの前進がバッティングとなり堤島は傷を広げて顔を歪める。
 一度ドクターチェックが入るが、そこでテンションを下げることなく堤島はラスト1分程で両手をブラリと下げてノーガードとなり田中に問答無用の打ち合いを誘う。寸分も迷わずこれに応じる田中は、終始継続してきた上下ラッシュに添加剤をくべたように加速する。センスと一発の堤島、根性と連打の田中と対照的な対決は、まったくの互角具合でジャッジ泣かせの展開となるも、絶対判定はスプリットとなり1-2で青コーナー・田中が勝利した。

 全試合終了後、田中が残るリングに武尊や晃貴、ネット中継解説を務めた大岩龍矢、オープニングマッチのアマチュア選手を含むオールスターメンバーが集まりエンディング。ファンサービスのプレゼント抽選会等も行なわれた。

Flourish presents GAINA魂

 主催者の富村誠司氏は挨拶でチケット発売と同時に札止めで集まった満員の観客と多くの協賛者、選手関係者スタッフ、そして、多大な協力を惜しまない教え子の武尊に感謝の意を表し、「このGAINA魂、来年もできるように米子ジム一丸となって頑張ります!」とイベントの継続決意を表明。
 更に最後に挨拶を行った武尊も変わらぬ協力を約束すると共に「米子最高!」と恒例のシャウトで大円満の興行を締めた。


直也が勝利

▼第4試合 63kg契約 3分3回戦(延長1ラウンド)
○ 直也(米子ジム/元西日本フェザー級王者、元WMC I-1 58kg級王者、元INNOVATIONフェザー級1位)
延長判定3-0※三者とも10-8
●ちび太(Studio-K/ACCELフェザー級5位、RKSスーパーフェザー級1位、元MA日本ライト級2位)
※本戦判定1-0(29-29×2、30-28)

 RIZIN出場経験がある2冠王・直也と、近県広島のベテランファイターちび太が激突。オーソドックス同士の対戦で、左ボディーブローを起点として多彩なコンビネーションを繰り出す直也と、軸の確かな右ミドルキック一本に賭けるちび太で好対照。

 1~3ラウンドを通し飛びヒザ蹴りなど大技も織り交ぜる直也が攻め込むのに対し、ちび太が痛烈に右ミドルキックをリターンする展開が続き、本戦判定は1-0の直也有利の延長へ。

 マスト判定の最終ラウンドに気魄を込める両者。直也は左脇腹がちび太の右ミドルキックで真っ赤に染まるも、気にもかけずにコンビネーションの手数と回転力を上げていく。ラスト30秒を切ったところで至近距離から直也の右バックハンドブローが直撃。横倒しになったちび太はようやく立ち上がるもフラフラ、そこに直也が追撃の右飛び膝蹴りを見舞う。ゴングが鳴り、明白な差をつけて劇的に直也が激戦を制した。


抱き合う武尊(右)と晃貴

▼鹿児島鰻 presents スペシャルエキシビションマッチ 2分2回戦 判定なし
―“ナチュラル・ボーン・クラッシャー”武尊(team VASILEUS/第4代K-1スーパーフェザー級王者、初代K-1フェザー級王者、初代K-1スーパーバンタム級王者、初代Krushフェザー級王者)
勝敗なし
―“リトル・クラッシャー”晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第4代Krushバンタム級王者)

【この試合の記事】武尊、エキシで晃貴と殴り合い!「近々いい発表できる」「ロッタンとも戦いたい」

▶次ページは、その他の試合結果

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・武尊、エキシで晃貴と殴り合い!「近々いい発表できる」「ロッタンとも戦いたい」

・武尊の“K-1契約解除”に多くのファンが応援、ロッタン戦やMMA挑戦に期待する声も

・平本蓮、朝倉未来を「俺がこの手で処刑する」朝倉は対戦可能を匂わす

・11.6『RIZIN』全試合 結果

・11.3『BreakingDown』全試合 結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧