TOP > 試合結果 一覧

【KNOCK OUT】龍聖、ハイキックで韓国強豪を失神KO! 13勝無敗記録を更新

フォロー 友だち追加
2022/11/19(土)UP

バズーカ(左)はボディと顔面にパンチを打ち分けた

▼ダブルメインイベント第1試合(第7試合)スーパーファイト/KNOCK OUT-BLACK -64.0kg契約/3分3R・延長1R
〇バズーカ巧樹(菅原道場/KNOCK OUT-BLACKライト級王者)
判定2-0 ※30-29×2、29-29
●TAaaaCHAN(PCK連闘会)

TAaaaCHANは危険なパンチを振り回す

 バズーカは、KNOCK OUT-BLACKライト級&WMAF世界スーパーライト級王者で、昨年7月のKO勝利以来、1年4か月ぶりのKNOCK OUT参戦となる。今年6月のシュートボクシングでSB史上初の三階級制覇者・笠原弘希にヒジで切られTKO負け。8月のMA日本キックでは元7ch王者のテーパプット・シンコウムエタイとドローと、白星を逃している。

 TAaaaCHANは、聖域ライト級とスーパーライト級の2階級を制覇し、INNOVATIONフェザー級王座も獲得した3冠チャンピオン。2人は初対戦となる。

バズーカは喧嘩ファイトとなり、TAaaaCHANと打ち合う

 1R、バズーカはローキックからフック、バックブローとコンビネーションで攻撃。TAaaaCHANもパンチからバックブローにつないで、ニヤリと笑う。バズーカが首相撲の展開から投げられるとTAaaaCHANが上に乗る。怒ったバズーカは、今度は上になると殴りかかるマネをして会場が盛り上がった。

 2R、バズーカは右ボディストレートを決めて、顔面へパンチを放つ。TAaaaCHANは右を放ち、蹴りにつなげる。とくに右ロ―キックがいい。バズーカは軸足を払われて転倒すると、立ち上がってTAaaaCHANにガンをつけて近寄る場面も。最後まで激しく打ち合い、お互いがギリギリのところでかわすハイレベルな攻防が続いた。

判定勝利を飾ったバズーカ

 3R、バズーカはTAaaaCHANと正面から打ち合う。TAaaaCHANのパンチを被弾しても怯まずに前へ出て打ち合い、押し返す。TAaaaCHANは右を打ちながら回転の蹴りを放つなど、最後までKOを狙い続ける。だがバズーカを崩すことができずに判定勝負へ。2-0でバズーカが勝利を収めた。

 バズーカは、「つまらない試合をしてすみませんでした。次、出直して強くなります。次は3月に大きい試合があるので、期待してください」と挨拶した。


激しい打ち合いとなった壱(左)と森岡(右)

▼セミファイナル(第6試合) 第2代KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級王座決定トーナメント・決勝戦/3分5R・延長1R
〇壱・センチャイジム(センチャイムエタイジム)
判定2-0 ※49-48×2、48-48
●森岡悠樹(北流会君津ジム)

森岡はパンチで壱を追い込んでいく

 KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級は、今年8月に小笠原瑛作が王座を返上し、4人制のトーナメントで新王者の座を争うことに。9月の1回戦で、壱は大野貴志に判定勝ち、森岡は炎出丸にKO勝利し決勝へと上がった。両者は昨年8月に対決し、壱が判定勝利している。決勝では、どちらかが勝ってベルトを腰に巻くのだろうか。

 1R、スローな立ち上がり。互いにミドルキックを決める。サウスポー構えの壱は左ミドルキックをヒット。森岡は飛び込んでの左フックを狙う。壱の蹴り終わりを狙っている森岡の印象でラウンド終了。

アグレッシブに戦った壱

 2R、壱の蹴りに合わせて森岡は右ボディストレートをヒット。さらに顔面へパンチを入れて、壱の動きを止める場面も。壱も打ち返すが、パンチの攻防になると分が悪い。それでも壱は森岡と殴り合った。

 3R、壱は蹴り中心に戦うかと思われたが、森岡と打ち合いに応じる。森岡の右を被弾しても、前へ出て打ち合う壱は、首相撲の展開でヒジ打ちを繰り出した。森岡もヒジ打ちで応戦。ラウンド終了まで激しい攻防が続いた。

 4R、このラウンドも、壱が前へ出て森岡とパンチで打ち合う。さらに首相撲の展開となり、森岡を振り回す。森岡は右ボディを決めるも、壱は負けずに前へ出て左ミドルキックを決めていく。やや壱がペースを掴んだか。

壱はセンチャイ会長と喜びを分かち合った

 5R、壱は距離を取って左ミドルキックをヒット。森岡は右を繰り出すも、壱のミドルキックが襲い掛かる。森岡のパンチが入るも、壱はミドルキックを返す。森岡は蹴って来いとアピール。壱は構わず何回も蹴り続けた。勝負は判定となり、2-0で壱の勝利。ついに壱がタイトルを獲得した。

 王者となった壱は、「タイトルマッチ3回目、やっと獲れました。こうやってセンチャイジムのみんなが沖縄から来てくれて、やっと獲ることができて。いろいろな団体の選手と戦っていきたいです」と挨拶して、センチャイ会長と記念撮影をした。

▶次ページは、老沼隆斗vs.阿部晴翔、響波vs.古木誠也、その他の試合結果

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・[前日計量]12勝無敗の龍聖「明日は必ず勝つ」必勝宣言!韓国強豪の挑発も一蹴

・元RIZINガール川村那月、美女キックボクサーぱんちゃん璃奈との初寝技スパーでヤバイ展開に?

・【ONE】女子・平田樹が体重オーバーで試合中止、相手のハム・ソヒが怒り「恥を知って欲しい」

・【テレビ・配信】11.19『KNOCK OUT』生中継・放送・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧