TOP > 試合結果 一覧

【KNOCK OUT】龍聖、ハイキックで韓国強豪を失神KO! 13勝無敗記録を更新

2022/11/19(土)UP

龍聖がこの左ハイキックでKO勝ち

Def Fellow
『KNOCK OUT 2022 vol.7』
 2022年11月19日(土)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント第2試合(第8試合)スーパーファイト/KNOCK OUT-BLACKフェザー級/3分3R・延長1R
〇龍聖(NOPPADET GYM/初代KNOCK OUT-BLACKフェザー級王者)
KO 2R 0分26秒 ※左ハイキック
●グ・テウォン(韓国/YAK GYM)

テウォンは鋭いパンチでKOを狙った

 龍聖は現在12勝無敗で、今年7月にはRIZINに初参戦し3R TKO勝利。9月のKNOCK OUTでは小笠原裕典を66秒KOし、その勢いは止まらない。

【連続写真】龍聖のハイキックでテウォンがバッタリとダウン!KOの瞬間

 対するテウォンは龍聖と同じ21歳で、今年3月の韓国格闘技イベント『MKF 2022レボリューション』では、バックキックで2R一撃KO勝利し、-60kgのベルトを巻いた。一発の威力を持つアグレッシブなファイターだ。

龍聖はジャブをついてテウォンを崩した

 1R、龍聖は左ジャブ、右ローキック、左ミドルキックと攻撃を上下左右に散らしていく。テウォンは右から左のパンチを放ち、当たればKO必至の印象を与えた。龍聖はジャブを的確にヒットさせて崩していく。左ロ―キックも入れてダメージを与えた。

 2R、ゴングが鳴るとテウォンがパンチで猛攻を仕掛ける。龍聖はジャブをついて崩すと左ハイキックをアゴに直撃。そのままテウォンが倒れて動けない。すぐに龍聖のKO勝ちが決まった。

KO勝利を飾った龍聖

 マイクを握った龍聖は「勝ててホッとしています。これまでメインを2回任せてもらって、しょぼい内容だったので、勝ててよかったです。これからも盛り上げていきます。KNOCK OUT最高!」と叫んだ。

▶次ページは【連続写真】龍聖のハイキックでテウォンがバッタリとダウン!KOの瞬間

●編集部オススメ

・[前日計量]12勝無敗の龍聖「明日は必ず勝つ」必勝宣言!韓国強豪の挑発も一蹴

・元RIZINガール川村那月、美女キックボクサーぱんちゃん璃奈との初寝技スパーでヤバイ展開に?

・【ONE】女子・平田樹が体重オーバーで試合中止、相手のハム・ソヒが怒り「恥を知って欲しい」

・【テレビ・配信】11.19『KNOCK OUT』生中継・放送・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧