TOP > 試合結果 一覧

チャド・コリンズ、KOでWBCムエタイ王座防衛に成功!12月のRISE世界タイトル戦へ弾み

フォロー
2023/11/24(金)UP

チャド・コリンズ

 11月18日(土)オーストラリアのメルボルンで開催されたWBCムエタイ世界スーパーライト級タイトル戦で、日本でもおなじみのチャド・コリンズ(オーストラリア)がTKO勝利で見事防衛に成功した。

【動画】コリンズがバックハンドブローでKOする瞬間!

 試合では、コリンズは『ONE Friday Night』にも参戦経験のあるジョーダン・ゴッドフェドセン(オーストラリア)と対戦。4Rにコリンズがバックハンドブローをヒットさせると、ゴッドフェドセンがガックリとリングに膝をつきダウン。立ち上がろうとするも足がふらつき、再びガクッと膝を落とす様子を見て、レフェリーが試合を止めコリンズのKO勝利となった。

 コリンズはWMC世界スーパーライト級王者、WBCムエタイ世界スーパーライト級王者の超強豪。戦績は59勝(30KO)16敗2分と豊富であり、日本では笠原弘希や中野椋太、直樹らに勝利を収めている。今年8月のRISEでも、チョ・ギョンジェにハイキックで初回KOを飾った。

王者ペットパノムルンvsチャド・コリンズ

 そして、12月16日(土)東京・両国国技館で開催される『RISE WORLD SERIES 2023 Final Round』では[RISE世界スーパーライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R]として、王者のペットパノムルン・キャットムーカオ(王者/タイ/Kiatmoo9)に挑戦する。

 ペットパノムルンは、ムエタイ強豪で16年にGLORYに参戦。18年にフェザー級王座を奪取し、以降7度の防衛に成功している“絶対王者”だ。21年11月、RISEに初参戦し、原口健飛に判定勝ち。昨年8月のRISE世界スーパーライト級王座決定戦で延長戦の末、再び原口に勝利、12月には山田洸誓にも勝利した。RISE王座は、今回が初防衛戦となる。

WBCムエタイ世界王座を防衛したコリンズ(左)

 今回の試合後、コリンズは「WBCムエタイの世界タイトル防衛戦を、タフな挑戦者のジョーダン・ゴッドフェドセンと戦い、4RにバックハンドブローでKOすることができ、無事初防衛出来て良かったです。自分でも自身の速さ、強さなどの仕上がりに驚くくらいでしたが、12月16日に控えているペットパノムルン・キャットムーカオに挑戦するRISEの世界タイトル戦では、更に進化した自分をお見せしたいと思います。自分は今まで日本で段階的に上がって来ましたが、ついにRISEの世界チャンピオンになる時が来ました!ご期待下さい」とコメントした。

 果たして、コリンズはペットパノムルンに勝利して、念願のRISE世界王座を獲得する事が出来るか。

▶︎次ページは【動画】コリンズがバックハンドブローでKOする瞬間!

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・【RISE】王者・中村寛らのGLORY対抗戦、世界王者ペットパノムルンvsコリンズなど8カードが決定=12.16 WORLD SERIES

・【結果・速報】11.23『ブレイキングダウン10』 全試合 結果 速報 = BreakingDown10

・木村ミノル、上半身裸で豪快ミット打ち!注目“マッチョボディ”は健在

・PFLがベラトールの買収を正式発表、国際大会の拡大・王者対決など強化

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧