TOP > 試合結果 一覧

【PFL】“上半身タトゥー猛女”パチェコ、2階級制覇!モクナトキナを撃破しフェザー級王者に

フォロー 友だち追加
2023/11/25(土)UP

パチェコの強打!©️PFL

 11月24日(日本時間25日)に米国ワシントンDCで開催された総合格闘技イベント『PFL10:2023 World Championships』の女子フェザー級トーナメント決勝で、前年度のPFL女子ライト級王者ラリッサ・パチェコ(29=ブラジル)がマリナ・モクナトキナ(35=ロシア)を判定で下し優勝。ライト級とフェザー級合わせて2階級制覇を成し遂げ、優勝賞金100万ドル(約1億5000万円)も手にした。

【動画】上半身タトゥー猛女パチェコ、強打が炸裂!

 パチェコは首回りや腕回りのド派手な刺青が特徴のブラジル強豪。昨年のPFL女子ライト級決勝で柔道五輪金のケイラ・ハリソンを破り優勝。今季はフェザー級で戦い、現在2戦連続の秒殺KO勝利と波に乗っている。

2階級を制覇したパチェコ

 対するモクナトキナはサンボ世界王者。今季の初戦でDEEP JEWELSフェザー級王者の東よう子にTKO勝利した。

 下馬評が圧倒的に優位のパチェコは、1R序盤から強い圧力で前進。モクナトキナが射程圏内に入ると、豪腕パンチを次々とヒットさせる。

 しかし、グラップラーのモクナトキナは殴られながらも組みつき、膝十字!パチェコはエスケープしトップからパウンドを落とし続ける。

 最終ラウンドまでペースは終始パチェコが握る展開となり、パチェコの手数はモクナトキナの倍に。しかし、モクナトキナは諦めず、グラウンドの展開に行けば、すぐに得意のフットロック。しかし、これはパチェコに外される。

 試合残り2分、パチェコのハイキックを掴んでテイクダウンしたモクナトキナ。上からパウンドを落とすなど、逆転を試みるも、時すでに遅し。

 判定3-0でパチェコが勝利し、ライト級に続き、フェザー級の頂点にも立った。

『PFL10:2023 World Championships』
11月24日(日本時間25日)米国ワシントンDC
▼女子フェザー級トーナメント決勝
○ラリッサ・パチェコ(ブラジル)
判定3-0 ※三者共に49-46
マリナ・モクナトキナ(ロシア)

▶︎次ページは【動画】上半身タトゥー猛女パチェコ、強打が炸裂!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・PFLがベラトールの買収を正式発表、国際大会の拡大・王者対決など強化

・無敗の“美女ボクサー”ニコルソン、ビキニで”割れた腹筋”計量パス!初防衛戦は過去最高の仕上がりに

・無敗の美女戦士ディチェバ、最後の休暇で“美ボディ”水着ショット、12月決戦へ

・元UFC王者ガヌー、次戦は元ボクシング世界王者ワイルダーとMMAとミックスルールで激突か=海外報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧