TOP > 試合結果個別

【K-1】初参戦の郷州を神戸が振り切る

2016/04/25(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▼第1試合 K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメント・リザーブマッチ 3分3R延長1R
○神戸翔太(POWER OF DREAM)
延長R 判定2-1 ※10-9、9-10、10-9
●郷州征宣(K-1ジム総本部チームペガサス)
※本戦の判定は30-29(郷州)、29-29、30-30

神戸(左)が延長戦へもつれ込む接戦を制した

 RISEでトップランカーとして活躍した郷州が初参戦。Krushでタイトルマッチも経験した神戸が迎え撃った。

 1R、郷州が右アッパーからの左ストレートをヒットさせて一気にラッシュをかける。これをしのいだ神戸は左ボディを狙い撃ち。郷州はパンチを出しながらヒザ蹴りをボディと頭部に放つ。

 2R、郷州はたびたびパンチからの飛びヒザ蹴りを放つ。神戸はジャブ、ストレートを単発で当てていき、郷州が突っ込んで左アッパー、右フックを繰り出す。的確さで神戸、手数とアグレッシブで郷州か。

 3R、神戸のガードの隙間に右のパンチをねじ込む郷州。神戸は左右のパンチでボディを打つ。郷州が攻めにいったところで神戸のパンチが連続ヒット。郷州はヒザを狙うが当たらない。細かくパンチを当てていく神戸が優勢。

 判定はジャッジ1名が郷州を支持したがドローで延長戦へ。前へ出てパンチとヒザを出す郷州がワンツーをヒットさせる。神戸も細かく打ち返すが郷州の手数が上回り、前へ出て連打をまとめていく。しかし、ヒット数が多いのは神戸の方か。判定2-1の僅差で神戸がリザーバーの権利を手にした。

★全試合結果はこちら  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る


TOP > 試合結果個別