TOP > 試合結果個別

【K-1】小宮山がテバウ破るもドクターストップ

フォロー 友だち追加
2016/09/20(火)UP

 

ハードパンチャーのテバウ(左)に得意の蹴りで対抗する小宮山(右)

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」
2016年9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館

▼第5試合 K-1 WORLD GP 2016 スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント・一回戦(4) 3分3R・延長1R
○小宮山工介(北斗会館)
判定3-0(30-28,29-28,30-28)
●パウロ・テバウ(ブラジル/Viscardi Andrade/Veras)
※小宮山が準決勝へ進出。

 6月のK-1初参戦ではユン・チーに不覚をとった小宮山。同大会で卜部弘嵩を圧倒して衝撃のK-1デビューを果たしたテバウを相手に、名誉挽回の一戦に臨む。

 1R、小宮山が前蹴りを多用しつつ、パンチからミドル、ローと積極的に攻める。小宮山のフットワークにテバウはなかなか近付けない。

 2R、積極的にパンチを放って先手を取る小宮山。テバウは近づいてパンチとミドルを放つが、スピードで上回る小宮山が先手を取ってのジャブと右ミドル、前蹴り。

 3R、小宮山はフットワークで動きながらジャブと前蹴りで距離を獲る。顔面前蹴りもヒットさせ、すぐに距離を取ってテバウの攻撃をかわす。テバウの左フックをもらった小宮山だが、すぐに右ハイを返す。

 蹴りでテバウを完封した小宮山が判定勝ちし、準決勝進出を決めた。しかし、この試合後、小宮山は左足負傷のためドクターストップがかかり、救急車で病院へ運ばれることに。トーナメントルールにより、テバウの準決勝進出が決まった。

※全試合結果はこちら
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別