TOP > 試合結果個別

【シュートボクシング】タップロンが打つ、蹴る、投げるで水落にTKO勝ち

2016/11/12(土)UP

タップロン(左)が打つ、蹴る、投げるのSBを体現して最後はパンチでTKO勝ちした

▼第5試合 S-cup65kg世界トーナメント1回戦 3分3R延長1R S-cupルール
○タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム/元WMC世界フェザー級王者)
TKO 2R 40秒 ※右フック→レフェリーストップ
●水落洋祐(はまっこムエタイジム/REBELS65kg級王者)
※タップロンが準決勝へ進出。

 ベテランキックボクサーの水落は、タップロンと激突。水落はザカリアと激闘を展開したほか、多くの外国人選手と対戦した経験を持つ強打者。タップロンは近年SBを主戦場にしており、鈴木博昭と3度対戦して3度とも勝利を収めている、蹴り主体の選手だ。vsムエタイに慣れている水落が、こちらも番狂わせを狙う。

 1R、タップロンは右フックを数回ヒットさせていく。接近すると首相撲からのヒザ蹴り。水落も右ストレートを放っていくが、ワンツーでダウンを奪われる。水落がパンチで接近すると、タップロンは水落を腰に乗せて前へ1回転させての投げでシュートポイントも追加した。

 2R、水落はローとボディで前へ出るが、タップロンは右のパンチを連打。さらに打ち合いで右フックをクリーンヒットさせ、水落は全身の力が一瞬で抜けたように崩れ落ちる。すぐにレフェリーがストップし、タップロンのTKO勝ちとなった。

※全試合結果一覧はこちら  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別