TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】不可思が3度のダウンを奪いTKO勝利

2017/02/12(日)UP

キックスロード
「KNOCK OUT vol.1」
2017年2月12日(日)東京・大田区総合体育館

不可思(左)の右ハイがクリーンヒットし、山口からダウンを奪った

▼第1試合 64kg契約 3分5R
○不可思(クロスポイント大泉/WPMF日本スーパーライト級王者、RISEライト級王者、REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者、Bigbangライト級王者)
TKO 3R1分45秒
●山口裕人(山口道場/WBCムエタイ日本スーパーライト級王者、INNOVATIONスーパーライト級王者)

 不可思はパンチとローキックを武器に、ひとつの引き分けを挟んで10連勝と好調を維持。そのうちの6勝がKOによるもの。対する山口は20勝のうち13勝がKOというハードパンチャー。小野寺力プロデューサーが「凄いものが見られると思います。KNOCK OUTというイベント名にふさわしいカードが組めました」と太鼓判を押したKO決着必至の組み合わせとなった。 

 1R、お互いに様子をみながらパンチを交錯させる展開。山口の左ストレートが当たると、不可思は右ストレートをクリーンヒットさせダウンを奪う。

 2Rになると、不可思の攻撃がさらに当たり始め、山口のパンチが空を切る場面が多くなる。不可思のローも徐々に効き始めたか、山口の動きが止まる。

 3Rには不可思の右ハイがクリーンヒットし、2度目のダウンを奪う。フラフラの山口に不可思が右ストレートを当てダウンを追加しTKO勝ちした。

●全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
【関連リンク】

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別