TOP > 試合結果個別

【K-1】城戸がKO勝ちで日本人ただ一人の1回戦突破

2017/06/19(月)UP

 

城戸(左)のヒザ蹴りがグサリと突き刺さる

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」
2017年6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ

▼第2試合 K-1 WORLD GP 第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント一回戦(1)
3分3R延長1R
〇城戸康裕(谷山ジム/WBKF世界70kg級王者)
KO 3R 1分34秒 ※左ミドルキック
●ルーク・ウィーラン(イギリス/FIBA世界-70kg王者)
※城戸が準決勝へ進出。

 城戸のトーナメント初戦の相手ウィーランはK-1で活躍するジェイミー・ウィーランの兄で、これまでFIBA世界-70kg王者、KGP欧州-70kg王者、MTGP-72kgトーナメント優勝と3つのタイトルを保持している。

 1R、両者とも構えを左右にスイッチする。ウィーランは思い切ったパンチを打ち込み、城戸をヒヤッとさせる。城戸は右ローを蹴っていくが、ウィーランはそこへ左ストレートを合わせに来た。

 2Rも前に出てくるウィーラン。飛び込んでの左右フックを放つ。城戸はウィーランの奥足を右ロー、右カカト蹴りで狙い撃ち。コーナーに詰めてきたウィーランに城戸はカウンターの右ヒザ蹴りを突き刺す。すると下がるウィーラン。城戸は右ヒザを狙い撃ちし、その右ヒザでダウンを奪う

 3R、城戸がロープを背負ったウィーランへ右ロー。これでウィーランは足にダメージを感じさせる。ローを狙い撃ちにした城戸は、左ミドル一閃。腹を抱え込んで下がるウィーランへ城戸はダメ押しのパンチ連打。ウィーランが倒れたところで城戸の幸先いいKO勝ちとなった。

※全試合結果はこちら

編集部オススメ
・【試合動画】城戸康裕vsキム・ミンス
・【試合動画】城戸康裕vsリー・イェンクン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別