TOP > 試合結果個別

【RIZIN】3連勝中の浅倉カンナが判定勝利

2017/10/15(日)UP

RIZIN FF事務局
「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント1st ROUND -秋の陣-」
2017年10月15日(日)マリンメッセ福岡

▼第5試合 RIZIN女子MMAトーナメントルール 女子スーパーアトム級(49.0kg以下)トーナメント1回戦 5分3R
○浅倉カンナ(パラエストラ松戸)
判定3-0
●シルビア・ユスケビッチ(ポーランド)

 中学時代、レスリング国際大会優勝の浅倉、MMA戦績は8勝2敗でRIZEN3連勝中、一方優勝候補の呼び声が高いユスケビッチはキックボクシング出身でMMA戦績は7勝4敗。

浅倉(上)が判定勝利、大晦日の準決勝に進んだ

 1R、距離をとってお互い牽制していたが、2分過ぎ、浅倉がタックルからテイクダウン。サイドポジションからパウンドをコツコツ当てて行く。ユスケビッチは足を絡めてコントロールしながらパウンドを防ぐ。

 2R、お互い距離をとり、2分過ぎ、浅倉がタックルからテイクダウン。上からパウンドを仕掛ける。ユスケビッチも下からパンチを返して行く。執拗な浅倉のパウンドにユスケビッチは鼻の上部を切り出血。

 3R、ゴングと同時に浅倉がタックルからテイクダウン。ユスケビッチは立ち上がるが、再び浅倉がタックルから再び後ろに絡みつく。亀状態のユスケビッチに浅倉はパウンドからチョークを仕掛けながらパウンドを連打。ユスケビッチは終始防戦一方。判定3−0で浅倉が勝利、大晦日の準決勝に進んだ。

 試合後浅倉は「本当は一本で勝ちたかったけど悔しいです。でも1回戦突破できたので、大晦日、日本人対決がしたい」と語った。

※全試合結果はこちら

写真:© RIZIN FF

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別