TOP > 試合結果個別

【K-1】武尊が気迫のラッシュでスタウロスを撃破し初戦突破(動画あり)

2018/03/21(水)UP

武尊(右)がスタウロス(左)をパンチでダウン寸前まで追い込み判定勝ち

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~」
2018年3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

3試合 K-1 WORLD GP4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・一回戦第3試合 33R延長1R
〇武尊(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GPフェザー級王者)
判定3-0 ※30-2830-2829-28
スタウロス・エグザコスティディス(30=ギリシャ/Nasos/Mejiro Gym/ISKA世界スーパー・フェザー級王者)
武尊が準決勝へ進出。

 三階級制覇を目指す武尊がトーナメント1回戦を迎える。対戦相手は前王者・大雅をKOしている強打者スタウロス。

 1R、武尊が前蹴りからの右フックで先制。武尊はパンチとヒザ蹴りでボディを狙い撃ち。武尊の圧力に下がり続けるスタウロス。左アッパーをもらった武尊だが、全く怯まず前へ出て攻撃をまとめる。

 2R、武尊はジャブと前蹴りで距離を取り、ヒザ蹴りと後ろ蹴りをボディへ突き刺す。蹴りとパンチを巧みに使い分ける武尊にスタウロスは左右フックで応戦。終盤になるとスタウロスがパンチの回転力を上げて前へ出て、二段飛びヒザ蹴りをヒットさせる。左フックを被弾する武尊だが、笑みを浮かべながら右ストレートを返す。

武尊(右)がクロスカウンターをヒットさせる

 3Rも武尊は前蹴り、ジャブ、ヒザ蹴りでスタウロスを下がらせるが、スタウロスもジャブと右フックを打ち返す。パンチを被弾しながらも徹底的にボディを攻め、右ストレートもヒットさせる武尊。残り10秒で武尊が右ストレートと左フックでラッシュをかけ、スタウロスをダウン寸前まで追い込んだ。

 武尊が判定勝ちでトーナメント初戦を突破した。

●全試合結果はこちら

●全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・やりすぎ皇治の無礼に武尊の怒りがついに爆発

・毒舌・皇治「一番調子こいとる武尊をしばく」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別