TOP > 試合結果個別

【RIZIN】スピード感溢れる熱戦で石井一成が勝利

2018/05/06(日)UP

パンチで前へ出続ける石井(左)

RIZIN FF事務局
「RIZIN.10」
2018年5月6日(日)マリンメッセ福岡

▼第7試合 キックボクシングルール 51.5kg契約 3分3R
○石井一成(19=東京KBA/元True4Uフライ級王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●栄井大進(19=TARGET)

 石井はタイを主戦場とし、日本では『KNOCK OUT』で活躍。昨年のRIZIN福岡大会にも参戦したが、政所仁に敗れ地元での勝利はならなかった。今回は500名の応援団が来場しているという。対する栄井は『RISE』の軽量級ホープ。

 1R、栄井の左ストレートがヒットし、石井が大きく下がる。勢いよくパンチで攻めるサウスポーの栄井。石井は右ミドルでペースを取り戻し、左フックをヒットさせてラッシュを仕掛ける。石井の猛攻に場内が沸くが、栄井も石井の蹴りに右を合わせる。終盤、石井が右ストレートで栄井を仰け反らせた。

 2R、石井の右ミドルがローブローとなり、試合は一時中断。再開すると両者は激しい打ち合いを展開し、鋭いパンチが交錯する。その中でも石井が右ストレートを当て、飛びヒザ蹴りも放つ。どんどん前へ出て行く石井。

 3Rも前に出て行くのは石井。右ロー&右ミドルからのパンチを繰り出し、栄井を下がらせる。打ち合いになったところで栄井がダウンを喫するが、これはバッティングであったものでダウンは取り消しとなった。再開後、パンチを連打して前へ出る石井。右ストレートで栄井が大きく仰け反る。栄井も打ち合うが、石井が右ミドルの連打からパンチで前へ出続け、熱戦は判定3-0で石井が制した。

photo=(c)RIZIN FF

●全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・地元福岡の石井一成、上昇するキック人気の「波に乗って盛り上げたい」

・石井一成、地元・福岡で新鋭に敗れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別