TOP > 試合結果個別

【Krush】さらにスピードを増した新生・野杁正明がハイキックで鮮烈KO

2018/08/18(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

スピードのあるパンチでハオドン(左)を最初から圧倒した野杁(右)

Krush実行委員会
「Krush.92」
2018年8月18日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

▼第6試合 セミファイナル スーパーファイト-67kg契約 3分3R延長1R
〇野杁正明(24=K-1 GYM EBISU FREE HAWK/第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)
KO 1R 2分58秒 ※左ハイキック
●ヤン・ハオドン(21=中国/福建闘?搏撃クラブ/CFP/2017年英雄伝説アジア-64kg級トーナメント準優勝)

 野杁は昨年6月に日本人として初めてゲーオ・ウィラサクレックを破り、K-1スーパー・ライト級(-65kg)王座を奪取。今年3月には大和哲也をKOで下し、初防衛にも成功している。しかし今後はウェルター級(-67kg)に転向する方針であることを発表し、今回の試合はその試金石となる67.0kg契約で行われた。

 対するハオドンは24勝(7KO)7敗の戦績で、2016・2017年英雄伝説アジア-64kg級トーナメント準優勝の実績を持つ。『英雄伝説』は中国のメジャーキックボクシング団体。

 1R、ハオドンはパンチと右ローを出しながらグイグイと前に出る。野杁は速いジャブを多用し、ハオドンの連打をブロックして左ボディブロー、右フック、左アッパーを繰り出す。野杁のパンチが速い。ハオドンも下がらずにパンチを出すが、野杁は右ローを蹴る。

 野杁は左フック、右アッパーからの高速左ハイキック。これでハオドンが横倒れにダウンし、そのまま立ち上がることが出来ず、野杁のKO勝ちとなった。

 野杁はマイクを持つと、「皆さん、これがKrushです。僕はK-1のチャンピオンベルトを巻きましたが、ここまで来れたのはKrushのおかげです。このようなKrushらしい試合が出来て満足しています。トレーナーからも褒められるか分かりませんが、哲也君に続いてKOでKANAちゃんにつなげられるのは嬉しいし、最後はKANAちゃんが男子顔負けのKOを見せてくれると思います」と、メインのKANAへバトンを渡した。

 最後には愛娘をリングに上げ、一緒に記念撮影に収まった。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・野杁正明、日本の「3戦3勝3KOで終わらせる」

・野杁正明がウェルター級転向へ、城戸康裕らとの対戦も視野

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別