TOP > 試合結果個別

【K-1】城戸康裕がパプアニューギニアの飛び回し蹴り男に完封勝利

2018/11/03(土)UP

右ローで攻める城戸(左)

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」

2018年11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ

▼第11試合 スーパーファイト K-1ウェルター級 3分3R延長1R
〇城戸康裕(35=谷山ジム)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-28
●ジョナサン・トゥフ(25=パプアニューギニア)

 当初、城戸はK-1 WORLD GPウェルター級王者・久保優太とのタイトルマッチが内定していたが、久保が交通事故に遭い練習が再開できず静養している状態のため、ワンマッチで今大会に参戦することになった。

 トゥフは筋骨隆々の肉体と全身バネのような身体能力を持ち、現在はタイに移住してムエタイルールを中心に試合を行っている。過去に飛び回し蹴りで相手を立ったまま失神させ、そのKOシーンが話題となった。

 1R、右ローの蹴り合いから城戸がサウスポーに構えると、トゥフの右ローが急所を直撃して一時中断。再開後、城戸は負傷していると試合前にアピールしていった左足でミドルを蹴る。するとトゥフは飛び回し蹴りを放って場内を沸かせた。トゥフが前へ出てくると城戸はアゴにヒザを突き上げる。

 2Rも城戸は右ローを放っていき、ジャブで突き放す。リーチの差を生かして離れて戦う城戸。トゥフはフックを振り回す。城戸の右ロー4連発に左足を上げるトゥフ。

 3R、サウスポーになった城戸はヒザ蹴りを足とボディへ。城戸は右ローを蹴り続け、トゥフが前へ来るとヒザ蹴り。トゥフは回転蹴りを繰り出すが城戸は余裕でかわす。終了直前、城戸の左ヒザ蹴りでトゥフは大きく下がり、コーナーへ詰めると城戸が左右フック連打。

 判定3-0で勝利した城戸はマイクを持つと「マジ、ジョナサン・トゥフはジョナサン・タフ。バキバキガチガチ。もっと簡単に倒れてくれるって言ったのに」と愚痴ると「え? なに? モノマネいっちゃいます?」と勝手にモノマネを始め、新作モノマネの「もしも芦澤竜誠君が武尊に噛みついたら」というネタを披露し、「3月、久保君、待ってる」とタイトルマッチをアピールした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・城戸康裕が超弱気発言「戦闘力は2くらい」

・城戸康裕、タイトルマッチ延期でパプアニューギニアの飛び回し蹴り男と対戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別