TOP > 試合結果個別

【RIZIN】メイウェザーが那須川を初回TKO、3度ダウンを奪う

2019/01/01(火)UP

那須川がマットに倒れる。メイウエザーがTKO勝利

 
RIZIN FIGHTING FEDERATION
「RIZIN.14」
2018年12月31日(日)さいたまスーパーアリーナ
 
▼第14試合 スペシャルエキシビション 3分3R
○フロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ/プロボクシング世界5階級制覇)
TKO 1R 2分19秒
●那須川天心(20=TARGET/Cygames/RISE世界フェザー級王者)
※非公式試合のため戦績には影響しない。

メイウェザーのボディブローが那須川を襲う


 プロ格闘技32戦無敗の那須川とプロボクシングで50戦無敗、5階級制覇を達成したメイウェザーの無敗対決がついに実現。先に入場したのは那須川、続いてメイウェザーが入場した。那須川は口を真一文字に結んだ厳しい表情、メイウェザーは笑顔。攻撃はパンチのみが許される。
 
 GACKTが日本国国歌、BENIがアメリカ国歌を斉唱。那須川は“ニンジャボーイ”とコールされた。
 

メイウエザーが左フックを放つ


 1R、メイウェザーは笑みを浮かべ、からかうような仕草を見せながらジャブを出す。那須川が左ストレートをヒットさせるとメイウェザーはまたも笑みを浮かべ、右ボディを打って左フックでダウンを奪う。
 
 立ち上がると那須川はパンチを打ちに行くが、メイウェザーはガードして左フックを打ち、右ボディからの右フックでダウンを追加。那須川は左フックで3度目のダウンを喫し、完全に足にきている那須川を見て、試合はストップ。メイウェザーのTKO勝ちとなった。那須川はリング上で号泣。

那須川も反撃するがメイウェザーのガードは固い


 マイクを向けられたメイウェザーは「言いたいことは日本の皆さん、東京、本当に素晴らしい。私の今日の試合は皆さんに楽しんでもらえることを意識しました。楽しんでもらえたと思います。全ての人に感謝します。天心にも感謝したい。この試合はエキシビションだから記録には影響しない。天心君も無敗の王です。これは今後も続きます。自分は引退したので(無敗は)変わりません。(天心は)素晴らしい格闘家であることを誇りに思い、頭を高くして王道を歩んで欲しい」と、那須川にメッセージを送った。

●全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・メイウェザーが那須川天心の前で「これは真剣勝負ではない。ワクワクしない」

・那須川天心とメイウェザー体重差は4.6kg「ぶっ倒します」(那須川)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別