TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】ヨードレックペットが磐石の強さで決勝戦進出

2019/02/11(月)UP

優勝候補筆頭のヨードレックペット(左)が勝利し、決勝進出

キックスロード
『KNOCK OUT 2019 WINTER「THE ANSWER IS IN THE RING」』
2019年2月11日(月)東京・大田区総合体育館

▼第7試合 KING OF KNOCK OUT ライト級アジアトーナメント準決勝 3分5R
○ヨードレックペット・オー・ピティサック(24=タイ/T-Ded 99 Muay Thai Gym/KING OF KNOCK OUTライト級王者)
判定3-0 ※50-48、50-48、50-47
●ボルドバートル・アルタンドルグーン(22=モンゴル/MANDAL FIGHTING GYM/SHINOBU FIGHT 2018 プロキックボクシング全モンゴル最強決定トーナメント60kg優勝)
※ヨードレックペットが決勝戦へ進出。

 ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者でもあり、現役ムエタイ戦士最高峰に位置するヨードレックペットはKNOCK OUTでも3戦3勝。今大会でも優勝候補筆頭にあげられている。

 対するボルドバートルは12月の1回戦で第9代日本フェザー級王者・重森陽太を2Rに右フックでKOする大番狂わせを演じており、今回も強打で番狂わせを狙う。戦績は11戦全勝。

 1R、ゴングと同時に右ストレートで先制するボルドバートル。ヨードレックペットは左ミドル一発で場内をどよめかせる。ボルドバートルは左右フックと右の蹴りで勢いよく攻め込み、ヨードレックペットは左ローで迎え撃つ。

 2R、前へ出るヨードレックペットが左ミドルを蹴り、ボルドバートルはパンチを打っては離れる。ヨードレックペットの左インローに後退するボルドバートル。組み付くとヨードレックペットのヒジが襲う。

 3R、大きくリングを回り込むボルドバートルは何度も飛び込んでのパンチを繰り出すが、ヨードレックペットの強烈な左ミドル、左ローをもらう。ヨードレックペットは左右フックも繰り出し、ボルドバートルのワンツーをもらっても涼しい顔で前へ出て左ミドルを蹴る。

 4R、下がりながら一発逆転を狙ってフックを放つボルドバートルに、ヨードレックペットの左ミドルが次々と決まる。ボルドバートルのパンチもヨードレックペットを捉えるのだが、ヨードレックペットは全く表情を変えずに前へ出て行く。

 5Rも同様の展開となり、パンチを狙うボルドバートルをヨードレックペットが蹴り続け、判定勝ちでアジアトーナメントの決勝へ駒を進めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・帝王ヨードレックペットがダウン奪っての勝利で準決勝へ

・モンゴルからの刺客が逆転KOで重森を下す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別