TOP > 試合結果個別

【ONE】寝業師トノンが一方的なパウンドでTKO勝ち

2019/03/31(日)UP

ONE Championship
「ONE:A NEW ERA IN TOKYO」
2019年3月31日(日)東京・両国国技館

▼プレリム第3試合 フェザー級 5分3R
●アンソニー・アンゲレン(33=オランダ)
TKO 1R 4分12秒 ※パウンド→レフェリーストップ
〇ゲイリー・トノン(27=アメリカ)

※写真は後ほどアップ

 トノンはグラップリング(組み技のみの試合)で青木真也、北岡悟、今成正和を破り、クロン・グレイシーを後一歩まで追い込んだ寝業師。MMA(総合格闘技)は今回が4戦目となる。アンゲレンはONEの中堅クラスに位置する選手。

 1R、トノンは左右に構えを変え、アンゲレンがローを蹴るとすかさずタックルでテイクダウンを奪う。パウンドを打ってマウントを奪い、さらにバックから顔面へパンチとヒザを連打していく。立ち上がろうとするアンゲレンを潰し、一方的に殴り続けるトノン。その状態が続き、レフェリーが試合をストップした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・日本大会の全カード揃う。メインの青木真也ほか、ロッタンら新カード16試合

・日本大会へロッタン、ビビアーノ、アルバレスら意気込む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別