TOP > 試合結果個別

【ONE】前へ出続けたアクメトフがワールドGP準決勝へ進出

2019/03/31(日)UP

フライ級ワールドGP準決勝に進出したアクメトフ(左)

ONE Championship
「ONE:A NEW ERA IN TOKYO」
2019年3月31日(日)東京・両国国技館

▼プレリム第7試合 ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
〇カイラット・アクメトフ(31=カザフスタン)
判定3-0
●リース・マクラーレン(27=オーストラリア)
※アクメトフが準決勝へ進出。

 マクラーレンは柔術、アクメトフはグレコローマンスタイルのレスリングをバックボーンに持つ。マクラーレンは12勝5敗の戦績でフライ級に転向してからは3連勝中。アクメトフは元ONE世界フライ級王者だ。

 1R、低い構えから打撃とタックルを狙うアクメトフ。左右フックをブンブンと振り回して前へ出ると、マクラーレンは右ストレートを狙う。アクメトフの左フックでマクラーレンはダウン。すぐに立ったマクラーレンだがアクメトフは一気に襲い掛かる。マクラーレンは飛びヒザ蹴りを空振りしてマットに転倒、アクメトフが上のポジションを奪ってラウンドを終えた。

 2R、マクラーレンは胴に組み付いていくが、テイクダウンは奪えず。離れると細かくパンチを出していくが、アクメトフの左フック強打が連続して決まる。マクラーレンは再三タックルを仕掛けるが切られ、アクメトフがフックを出しながら前進する展開が続く。

 3R、アクメトフが左右フックでマクラーレンを追い回すような展開。マクラーレンはかなりの疲労が見える。残り1分、マクラーレンもストレートを繰り出していくが、アクメトフのフックをもらう。両者疲労の色が濃く、お互いにパンチを振り回して試合終了。アクメトフが判定勝ちで準決勝へ駒を進めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・日本大会の全カード揃う。メインの青木真也ほか、ロッタンら新カード16試合【ONE】日本大会の全カード揃う。メインの青木真也ほか、ロッタンら新カード16試合

・日本大会へロッタン、ビビアーノ、アルバレスら意気込む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別